ドラマ・映画・アニメの見逃し無料動画配信情報!

新参者movie

2018年ドラマ 2018秋ドラマ ドラマ 相棒

【相棒season(シーズン)17】第8話見逃し無料動画フル視聴方法(12月5日放送)

投稿日:

今回はテレビ朝日夜9時放送のドラマ『相棒シーズン17』第8話の見逃し無料動画配信に関する情報と、見逃し無料動画の視聴方法を解説したいと思います。

Paravi

 



『相棒シーズン17』第8話 微笑みの研究 予告動画 あらすじ

大学教授を死に追いやったのは呪いの科学!?
特命係が常識では解明不可能な事件に挑む!

人間の心のメカニズムを総合的に研究する認知科学の権威である大学教授が心臓麻痺で死亡した。一部の学生が、『呪い殺された』とSNSで騒いでいるという噂を聞きつけた右京(水谷豊)は興味を抱き、亘(反町隆史)と共に調べ始める。学生が“呪い殺した張本人”と名指ししているのは、半年前に転籍してきた助教の川村里美(佐津川愛美)。学生によると、教授が死亡する前日、彼をにらみながら「死ね」とつぶやいていたらしく、さらに「人を呪い殺せる」と公言している霊能力者と会っているところを目撃したという。その里美と、同研究室の准教授である高野鞠子(冨樫真)、猪瀬(オクイシュージ)に事情聴取した右京は、「事件性はない」と聞いた時になぜか里美だけが密かに微笑んだことを不審に思う。しかし、事件当時の里美には完璧なアリバイが存在していて…!?

教授を呪い殺したと噂される助教の鉄壁のアリバイ…
科学と呪いが交錯する事件の背景に複雑な人間関係が…
右京と亘が、罪深き人間心理の深淵に迷い込む!

ゲスト:佐津川愛美 冨樫真 オクイシュージ

【出典 『相棒シーズン17』第8話あらすじ

第7話 ゲスト

佐津川愛美

 

 

 

冨樫真

 

 

 

オクイシュージ

 

 

 

ビデオパス

 

『相棒シーズン17』第8話 見逃し無料動画は?

相棒17』8話放送終了後、1週間以内の場合

通常のドラマであれば、民間公式テレビポータル『Tver』もしくは、『テレ朝動画』

でドラマ放送終了から1週間はこれらのサイトで配信されますが、

『相棒シリーズ』はどちらのサイトでも見逃し放送はしていません。

民間公式テレビポータル「TVer」

「テレ朝動画」

U-NEXT

Tver、テレ朝動画のメリット、デメリット

■メリット

タダ(無料)

登録作業をしなくてもいいのでお手軽♪

■デメリット

広告がうざい→15分に1回くらい広告が入ります。テレビ見てる時と同じくらいの頻度

簡単なアンケートの任意回答要求→任意なので答えなくて動画見れます。

『相棒17』8話を動画視聴する方法

『相棒シリーズ』はどの動画配信サービスでも動画配信はしていません。

なので、見逃してしまうと、

ご自身で録画しているもしくは、

録画してくれてた友達にDVDを焼いてもらうかしないと見ることはできません。

ただ、あまりおすすめはしませんが、

違法アップロードされた動画共有サイトで見ることができる可能性があります。

怪しい広告が表示されたり、低画質、低音質とデメリットも多いですが、

見ることができるかもしれません。

一様、以下に有名なサイトのリンクを記載しますが、自己責任でお願いします。

YouTube 『相棒17』をYouTubeで見る
Pandora 『相棒17』をパンドラで見る
Dailymotion 『相棒17』をデイリーモーションで見る
MioMio 『相棒17』をミオミオで見る

↓↓動画を探す場合コチラのサイトも便利です。↓↓

相棒見逃し無料動画

『相棒17』第8話 ネタバレ   視聴率12.0%

"大学教授が心臓麻痺で亡くなったことで、SNSでは呪い殺されたと噂が広がっている。
生徒たちは河村里美が霊能者と会っているところ見られて怪しいと思われる。

霊能者は科学的に証明できることがわかり、教授は病死でもなく、呪いでもなく、毒殺の可能性があると判断した右京だった。
やはりコ-ヒ-に毒物アルゼチンが混入されていたことが分かる。
河村は教授のことを恨んでいたが、アリバイがあり高野准教授に相談していた。

コ-ヒのコップを持ち去さった犯人は、防犯カメラに高野准教授が写り込んでいた。
教授は認知科学を研究していて天才子供が関係している。
4年前IQの高い子供が研究後自ら命を経っていたことを不憫に思い、もう同じことを繰り返したくなかった高野准教授。

その陰には不思議な能力を持った里美があり、また別の人物も浮上してきた。"

↓↓『相棒17』第7話あらすじ・ネタバレはこちら↓↓

『相棒17』第7話あらすじ・ネタバレはこちら

『相棒17』第8話動画視聴者の感想

女性40代
特殊能力がテーマで少し現実味にかけた内容だったと感じました。でもさすがに長年続いてるドラマだと、ストーリーにひねりが必要なのも納得です。犯人逮捕の後に別の人物の悪事も暴き、本当の悪人が暴かれたのはお見事でした。
女性40代
精神医学でしょうか、専門用語がたくさん出てきて難しい回でした。殺人事件だけど、憎悪と精神額の研究の絡んだ、特に最後犯人が捕まってからは2点三点の展開があり、この内容だったら1時間じゃなくもう少し長い尺でわかりやすいようにしてもらった方が良かったかな、という気もします。
女性40代
人と違う能力を持っている人は頭がいいなりにいろんな悩みがあるんだと思った。それを自分本位に利用するなんて、ひどい人間は意外と多いのかも。そういった真実を見事に暴いて、最後には本当の悪人を一喝した右京さんが素敵です。
女性40代
研究者ならではのストーリーで冠城が霊能者にまんまと騙されるシーンがかわいくて面白かった。助教役の佐津川愛美はドラマではあまり頻繁に見なかったけど、最近よく出ていてうれしい。昔から変わらずかわいいまま、難しい役柄を初々しく演じていたと思います。
女性40代
非科学的な分野を右京が論理的に語るなど、とても彼らしい一面が出てました。冠城が占い師にコロッと騙されたり、その理論を使って事件の解明をしたりしてたのが面白かった。誰かを守るためとはいえ人を殺すのは許されないけど、それが無意識のうちに誰かに操作されるなんて怖いと思った。
女性40代
ゲストの佐津川愛美が演じた、周りの人の感情を自分のことのように感じてしまう能力を持つ人がいることを初めて知りました。実際にいたら相当なストレスだと思ったし、それを使って殺人を企てようとするストーリーは面白かったです。犯人逮捕で単純に終わるのではなく、ラストにいくつものトリックが隠されていて楽しめました。
女性50代

"呪いで人が殺せるのか、右京と亘の気になった事件だった。
右京が教授が朝に買ったコ-ヒ-がレシ-トからわかり、飲み干したカップがなかったことに目を付けたのがさすが右京。

犯人を導いたかも言える影の部分を持った2人の人物のほうが怖いと思った。"

女性40代
メンタリストとか心理捜査官とかやはり惹かれます。人の本心がよめたら面白いこともあるでしょうが、敏感すぎるのも生きづらくなってしまうのかなと感じます。人と話していても本音と建前はあり、悪意を感じ取ってしまうことは少なからずあります。人類のために研究していく必要はあるけれど、壮大な実験で罪には問えなくても社会的倫理的な制裁を受けると止めてくれる右京さんの正義は忘れてはいけないと改めて思いました。
男性30代
心臓麻痺で亡くなった宇佐美教授が呪い殺されたと大学生が話しているのを情けないとわざとらしく特命係に左遷された青木が話すのが嫌らしく、右京が気になると動き出してがっかりする姿を見たいと、まだまだ子どものような青木に情けなくなり、警察の人事課がこんな人物を雇った気がしれない。
男性20代
右京と冠城が呪い殺された宇佐美教授の捜査のために大学を訪れ、ネット上に載っていた呪い殺したのが助教授の里美だと直接真面目に聞く所が特命係らしく可笑しく、右京たちは噂の出所となった書き込んだ学生を特定しているのが凄く、特命係を出てくる時に青木に頼んでいないので、ネット上の事も調べられる右京と冠城の捜査能力の高さに驚いた。
男性30代
里美がお祓いをしてもらった霊能力者と自称する政道に会いに行った右京と冠城が、呪い殺せるのかと問うと本気を出せば政道ができると話し出すのを、バカにした変顔を見せてまさかと言ってしまう冠城が可笑しすぎて、政道が冠城の疑いを逆に利用して恐れていると話して、脅しをかけるように女の生き霊がついていると言われた、冠城の動揺が凄く、本物と思ってしまった所が可愛らしく感じた。
男性30代
冠城がまんまと政道の巧みなコールドリーディングとバーナム効果という技能を使って騙されたのを、上司の右京と准教授の猪瀬に指摘されて恥をかいたのを誤魔化すために、最初から気付いていたと言い張り、右京が興味を示していた呪い殺したオカルトではないと猪瀬から聞き出して、ニヤリと右京を見る冠城の意地をみせた所に官僚らしさを感じる。
男性30代
右京が大学で疑った助教授の里美が微笑んだ事から、同じ大学にある農学部から毒物による殺害から、実際に毒物が学部から無くなっているという右京の鋭さには毎回ながら驚き、鍵を掛けたと言い張る生徒の七海の言動と行動から冠城がコールドリーディングによって自供させる所は素晴らしく、元官僚だけあって適応能力の高さを見せつけられた気がした。
女性40代
なんだか難しすぎる~。心理学とかの用語も出て来るし。説明はあるものの大学の先生のちょっとレベルの高い精神状況は理解に苦しみます。結局、殺害された教授が天才少女の研究を一緒にしていた助教授の恨みを買ったことが原因なので切ないラストだったなぁ。
女性40代
まだ裏があったとは。殺害された教授は結局、一緒に共同研究していた准教授が犯人だったけど、その准教授を殺害に誘導していた真犯人がいてびっくりでした。実際に何も手を下してないけどそういうことって出来るのかなぁ。ある意味恐ろしい~。しかもその誘導していた助教授と犯人の准教授の近くに置いて事件が起こるであろうことを予測していた人物までいて今回凝った内容でした。ちょっと複雑だったけどやっぱり見応えがあって面白かったなぁ。

FODプレミアムロゴ

i-mobile(SP/PC)

-2018年ドラマ, 2018秋ドラマ, ドラマ, 相棒

Copyright© 新参者movie , 2019 All Rights Reserved.