ドラマ・映画・アニメの見逃し無料動画配信情報!

新参者movie

映画

英語の勉強になる映画5選

投稿日:

英語の勉強になる映画5選

ターミネーター

ターミネーターは近未来を舞台にしたSFを題材にした内容の作品です。
この作品のセリフはわかりやすいものが多く、未来からやってきたとされるロボットのセリフは、綴りをそのまま書き取れるほど簡単に聞き取れます。映画の内容は複雑ですが、一般的な英会話の勉強には非常に役立つ内容の作品といえます。

サウンド・オブ・ミュージック

サウンド・オブ・ミュージックは歌とセリフが混ざったミュージカル映画ですが、題材が子供向けであり内容を理解することは難しくありません。聴いたことのある挿入歌の数々を覚えるだけでも英語力はかなり上がります。

英会話はヒアリング能力も大切なので、聞き取る力を身に着けるにはたとえ子供向けの作品であっても利用することは大切です。

ドアーズ

ドアーズは60年代の伝説的ロックバンドを題材にした伝記映画です。日常の会話には特有のスラングなども混じっていますが、聞き取ることは簡単です。全体のセリフの聞き取りから始め、主人公のボーカリストのセリフを追っていくことも重要です。

特に歌唱の部分では重要な単語も多数含まれていて、英単語の勉強には非常に便利です。主人公を演じる俳優が地方の方言をまねるように主人公の喋り方をマスターしたといっているように、英語を覚えるのはある種のリズム感も大切な要素のひとつになります。

ピーウィーの大冒険

ピーウィーの大冒険は主人公の言葉遊びについていくだけでも英語を覚えることができます。
主人公のセリフはほとんどが子供を相手にするような喋り方なので、イントネーションは問題なく真似することができます。
普通に主人公と同じような会話は可能ですが、主人公の喋り方をまねすることは現実的ではありません。日常的な自然な会話を心がけることが大切です。きれいな英語を喋る映画はなかなかありませんが、現実的な作品にするには仕方がないことかもしれません。

デスプルーフ

デスプルーフは後半はカーチェイスなどのアクションシーンが満載の映画ですが、
物語の冒頭はバーやクラブなどでの会話が中心の面白い作品です。

登場人物たちの会話はほぼ日常的に使われているであろう内奥がたくさんあり、非常に勉強になります。
教養のある人は本来使うべきではない会話も中には登場しますが、

路上用語と呼ばれるスラングまでも丁寧に網羅した作品はなかなかありません。
女性や男性の喋る内容のイントネーションや会話におけるリズム感などは、とても勉強になる部分です。

特に若者の興味の対象や年代による言葉づかいの違いも理解することが可能です。
日本語にも方言があるように英語にも地方によって様々な表現やなまりがあります。

言葉づかいの違いで出身地の違いも理解することができるために、多くの人は標準的な英語を使うことを心がけています。
俳優が使う言葉は自然な言葉づかいのようで非常に丁寧な言葉づかいとなっています。
自分の好きな作品を中心に英語を意識しながら作品を見ることで、
日常的な会話を習得できるように自然な会話を身に着けることができます。

好きな作品を繰り返しいることで英語のメカニズムを身に着け、身に着けることが大切です。
日本語にも日ごろ使わないような言葉があるように、あまり古い作品を参考にすると、
古い英語を覚えてしまう可能性もあるので、作品選びは注意する必要があります。

-映画

Copyright© 新参者movie , 2018 All Rights Reserved.