ドラマ・映画・アニメの見逃し無料動画配信情報!

新参者movie

2019冬ドラマ イノセンス 冤罪弁護士 ドラマ

ドラマ【イノセンス~冤罪弁護士~】第1話・初回の見逃し無料動画フル視聴方法(主演:坂口健太郎)

投稿日:

日本テレビ2019年1月19日、土曜夜10時放送のドラマ『イノセンス~冤罪弁護士~』第1話・初回の見逃し無料動画配信に関する情報と、視聴方法を解説したいと思います。



『イノセンス~冤罪弁護士~』第1話・初回見逃し無料動画

日本テレビ土曜夜10時ドラマ『イノセンス~冤罪弁護士~』第1話・初回は、
日本テレビの公式動画配信サービスである「Hulu」で見逃し動画配信中です。

「Hulu」は通常、月額933円(税別)なのですが、

今だけ2週間無料キャンペーン実施中です!

「Hulu」では今

『ゼロ一攫千金ゲーム』(主演:加藤シゲアキ)

『高嶺の花』(主演:石原さとみ)

『サバイバルウェディング』(主演:波瑠)

『ドロ刑警視庁捜査三課』(主演:中島健人(Sexy Zone))

『今日から俺は!!』(主演:賀来賢人)

「獣になれない私たち」(主演:新垣結衣)

など過去に日本テレビで放送していたドラマは見る事ができます。

その他にも映画、アニメと50,000作品以上みることができ、

月たったの933円(税別)1000円払ってもお釣りが来てしまう安さ・・・。とってもお得ですよね。

もちろん無料お試し期間中に解約することもできますので(無料期間内の解約なら月額料金は発生しません!)、
まだ「Hulu」を利用したことがない方はこの機会にぜひお試しくださいね。

イノセンス~冤罪弁護士~放送終了後、1週間以内の場合

ドラマ放送後1週間は、2つの公式サイトで無料配信中です。

民間公式テレビポータル「TVer」

日本テレビ公式日テレ無料TADA!

※第1回の放送日は1月19日(土曜)22:00〜なので上記の配信期間は1月26日(水)21:59分までの放送予定

Tver、日テレ無料TADA!のメリット、デメリット

■メリット

タダ(無料)

登録作業をしなくてもいいのでお手軽♪

■デメリット

広告がうざい→15分に1回くらい広告が入ります。テレビ見てる時と同じくらいの頻度

簡単なアンケートの任意回答要求→任意なので答えなくて動画見れます。

イノセンス~冤罪弁護士~放送終了後、1週間が過ぎてしまった場合

放送終了から1週間過ぎてしまった場合、もしくは広告なしで快適に見たい場合は、

「Hulu」で見ることができます!

「Hulu」ってお金かかるんでしょって思ってるあなた。

「Hulu」は通常月額933円(税別)かかるんですが、

現在2週間無料キャンペーンを実施しているので、

『イノセンス~冤罪弁護士~』を無料で観られます!

会員登録もとっても簡単で、2,3分で終わります。

しかも、『イノセンス~冤罪弁護士~』以外にも放送中、

過去の日テレドラマここ数年の作品ならすべて見放題。

この機会に過去に見忘れたドラマを見るのもいいですよね。

それ以外にも映画、アニメが5万作品以上が見放題。

 

まずは、2週間試してみてください。気に入らなければ解約してしまえば無料です。

『イノセンス~冤罪弁護士~』第1話あらすじ 予告動画

2019.01.19

保駿堂ほうしゅんどう法律事務所で刑事事件を担当する若手弁護士の黒川くろかわたく(坂口健太郎)は、日本の司法制度の下では異例の3年で5件もの逆転無罪を勝ち取っている凄腕弁護士。しかしその素顔は、人当たりはいいものの、整理整頓が苦手で取材嫌い、事務所の物置に住み着いている変わり者。訳あって大手事務所をクビになり、ひと月前から保駿堂法律事務所で働く新米弁護士の和倉わくらかえで(川口春奈)は、不本意ながら拓を手伝うことになるが、独特のペースに振り回されてストレスが溜まるばかり。この日も拓は冤罪事件に関心を持つ報道ディレクター・有馬ありま聡子さとこ(市川実日子)の取材をドタキャンし、勝手に依頼を受けていた依頼人との約束を優先させる。
依頼人・阿蘇あそ恵美子えみこ(中島ひろ子)の夫・重雄しげお(吉田栄作)は、自宅に放火をした容疑で逮捕された後、犯行を自白。阿蘇家には借金があり、偶然にも恵美子が不在の日に事件が起きたことから保険金目当ての犯行とされているが、恵美子は夫の犯行が信じられないと言葉を詰まらせる。拓は火事の際に重雄が慌てて持ち出したという戦隊ヒーローのフィギュアに興味を示す。それは5年前に10歳で亡くなった息子・幸雄ゆきお(岩田琉聖)の形見の品。しかし、5体セットのフィギュアのうち、運び出されていたのは2体だけだった……。

早速接見に向かう拓と楓だが、今回の事件はすでに被疑者の重雄が自白済み。弁護方針を尋ねる楓に拓は、警察の調書が犯人像をイメージしやすい“よくできた調書”だったと話す。そして、接見室で力なく罪を認める重雄に、計画的な犯行であれば大切な息子の形見を全部運び出せたはずだと迫り、警察から虚偽の自白を強要されたことを告白させる!
翌日、火事のあった阿蘇宅跡で証拠写真を撮る拓と楓、パラリーガルの城崎きのさき穂香ほのか(趣里)は、集まって来た小学生たちから“ユキオの呪い”で火事が起きた、と気になることを言われる。実は幸雄が亡くなったのは廃工場で花火をしていた際の失火が原因だった……。そんな中、所長の別府べっぷ長治ながはる(杉本哲太)から呼び出された楓は、事務所の利益に無頓着な刑事事件担当の拓やベテラン弁護士の湯布院ゆふいん和人かずと(志賀廣太郎)が暴走しないように監視役を任命される。冤罪にこだわるあまり警察や検察に批判的すぎる拓たちは、別府からあまり良く思われていないようで……。

そして迎えた公判初日。重雄の取り調べをした刑事の下呂げろ(阪田マサノブ)が証人として出廷するが、下呂の挑発に乗った重雄は法廷で暴れ、心証を損なってしまう。さらに、検察側は梁の焼け方から、2階の子供部屋が出火場所と特定し、弁護側が主張する1階の押入れにあったストーブからの失火を科学的に否定。弁護側は窮地に!!
そんな状況でも焦った様子を見せない拓は、再び現場に行くだけでなく、幸雄が亡くなった廃工場にまで足を運ぶと、落ちていた弾倉から、廃工場がサバイバルゲームに使われていると推測。火災時の映像にミリタリー服を着た若者たちが映っていたことに一人納得する拓だが、焦る楓は少しでも刑期を軽くするための情状弁護に切り替えることを提案する。しかし拓は、保険金目当ての放火だと決めつけることと、子供への愛情があって本人も否定しているから放火していないと決めつけることは同じだと語り、真実がわからないから調べているのだと答える。さらに、阿蘇家のミニチュアを作り、焼け方を検証していた拓のせいで事務所ではボヤ騒ぎが勃発!拓の徹底した調べ方に呆れる楓だが、入手した映像を見ていた拓は突然何かを思いつく。
数日後、拓が向かった大学の実験施設で待っていたのは物理学科准教授の肩書を持つ偏屈な科学者・秋保あきう恭一郎きょういちろう(藤木直人)。なんと、そこには原寸大で再現された阿蘇家のセットが用意されていた!採算度外視の拓の大暴走に腰を抜かす楓だが、盛大に燃えるセットを真剣に見つめる拓……。
そして弁護側反対尋問の日。法廷には火災実験の映像を元に証言台に立つ秋保の姿があった。阿蘇家の梁には根太と呼ばれる建築資材が使われており、設計図に基づいて作ったセットでは弁護側の主張する1階からの失火でも現場と同じ梁の焼け方になったことを証明する。さらに拓は、特定の周波数による強い電波が押入れのストーブのスイッチを誤作動させたと主張。実はストーブを誤作動させた違法電波は廃工場のサバイバルゲームで使用されていた無線機だったのだ!拓の地道な調査と実証実験によって重雄は逆転無罪を勝ち取る!
裁判後、敗れた担当検事・指宿いぶすき林太郎りんたろう(小市慢太郎)に敗因を諭す、拓の父で最高検の次長検事・黒川くろかわしん(草刈正雄)。真は冤罪事件に入れ込む息子を認めていない様子だが……。

(出典:公式サイト

『イノセンス~冤罪弁護士~』第1話のdailymotionやパンドラ、miomioなどでの無料見逃し動画配信は?

無料で観るなら無料動画共有サイトで観る方法がありますが、こちらはあまりオススメできません。

最近、無料動画共有サイトで違法にアップロードされている動画に対してへの取り締まりがどんどん厳しくなって来ています。

違法動画は早々に動画が削除され、今後探して観るというのも厳しくなっていくことでしょう。

 

これをご覧になっている方々は、違法にアップロードされた無料動画を見ることのリスクをがあるのをご存知でしょうか?

場合によっては以下のようなデメリットが発生することがあります。

  • 動画の画質が悪くて見辛くてストレスがたまる...
  • あなたの大切なデータが入ったスマホやパソコンがウイルスに犯されてしまう。データ破損する恐れが...
  • クレジットカードや、住所などの個人情報が不正に取得されてしまう...

など考えただけでも嫌な気持ちになることばかりですよね。

公式の動画配信サービスでも無料お試し期間を使えば無料で動画の視聴が可能なのに、わざわざリスクを背負ってまで違法な無料動画を見るメリットはありません。

その点、「Hulu」は公式サービスですので安心・安全で、綺麗な画質で動画が見放題です。

しかも2週間無料期間があるので安心してお試しもできます。

ここまで来ると正直、違法動画で観る意味もなくなって来ますよね。

まだ公式の動画配信サービスを試したことがない方は、ぜひこの機会にお試しくださいね。

 

『イノセンス~冤罪弁護士~』第1話を見た視聴者の感想、声

第1話 ネタバレあらすじ 視聴率8.3%

火災が放火ではないかということで逮捕された阿蘇茂雄は黒川拓がえん罪ではないかと思う。黒川は火災現場にあった、燃えかすの木が怪しいと思い、事務所でも自分でミニチュアを作って、検証するがボヤ騒ぎになってしまって、同僚や上司に怒られる。そこで東央大学の秋保恭一郎に実験を依頼する。実験の結果によって、火災は2階から出火したのはでなく、1階から出火したことや周りでやっていたサバイバルゲームの無線の電波によって、勝手にストーブがつくことがわかり、阿蘇は無罪になった。5年前の阿蘇の息子の火災による事故もサバイバルゲームの無線による出火であった。阿蘇は妻とともに実家に戻った。最後に弁護士の和倉は黒川の父が最高検察庁の次長検事だと知る。

視聴者からの感想

女性40代
坂口健太郎が演じる弁護士はこれまでえん罪事件を5件も解決したと聞いてたのでものすごい重罪をイメージしてたけど、ドラマを見ていて確かに窃盗など重罪じゃないものでも、無実の罪で捕まったらえん罪だなと気付きました。それでもすごいことだということも分かりました。
女性40代
坂口健太郎のナチュラル感がドラマの役柄にとても合っていて、普段ずぼらなところもイメージ的にぴったりでした。有罪をひっくり返すためいろいろ調べる過程は、推理ドラマとしても十分楽しめました。火災の原因がトリッキーで新しかった。
女性40代
主演の坂口健太郎のキャラクターが想像よりも普通だったので、ちょっと期待外れの分この後のエピソードに期待したいと思いました。冤罪を生み出した、刑事の自白の強要があからさますぎて、見ていて気分が悪かったです。
女性40代
坂口健太郎のルーズな感じや人づきあいが苦手そうな部分をもっとオーバーにして、弁護士としての有能さとの差をしっかり付けたらもっと面白いキャラになると思いました。今のままだといい子キャラで、あんまり強いイメージが残りません。
女性40代
"リーガルものが多い今クールのドラマですが、なかでも一番分かりやすい結末だったので、評価は低めです。事件が良くあるパターンだったので微妙でした。
まだ始まったばかりなので、今後の展開次第ですが、演技力が高い俳優さんが多くでてるので、来週も楽しみです。"
女性40代
川口春奈のイラつきが目立ってちょっとうざく感じました。それも坂口健太郎は透明感があり素直な青年というイメージが強くあって、変人とかだらしないとかキャラ設定でもいまいち、なじめなかったです。今後、しっくりくるのを期待しながら楽しもうと思いました。
女性40代
えん罪を暴くという珍しい話だと思いました。真実はどうなのか、実験で本当のことを暴くことが刑事のようで面白いです。サバイバルゲームの無線でストーブのスイッチがつくとは思いませんでした。第1回目のゲストの被告は吉田栄作さんではないかと思いましたが、本当でした。
女性20代
冤罪の人たちの弁護をして冤罪を晴らすのはほぼ不可能なことなのに黒川拓は見事に裁判で勝ち取るのがすごいと思った。しかも証拠となる実験もなかなか無茶なことをするのもすごいと思う。今回はサバイバルゲームとか関係ないだろうと思っていたが、それが原因の火災だったし、そこに気づく黒川拓がすごい。
女性20代
起訴されたら無罪を勝ち取るのは難しい裁判で戦うという、どこかで聞いたことあるような内容だとは思いつつ視聴。坂口健太郎がいい味を出していて実験をしたりして実証作りをするところが面白く、普通にいいドラマでした。
女性20代
"冤罪をどう証明していくのか、原因や理由は何なのか
見始めると気になってついつい最後まで見てしまうドラマでした。
坂口健太郎さん目当てで見ましたがなかなか面白かったです。
設定は99.9とかなり似ていて1話完結ドラマなので2話以降からでも見やすいと思います。"
女性30代
"呪いと言っていた意味や、廃工場でのサバゲーのものなど謎がひとつに繋がった時がとても良かったです。
警察の捜査に腹が立ちました。その人の借金などの状況で犯人に仕立て上げられたらたまったものじゃないと思いました。"
女性40代
儲けにならず、検察を敵に回す冤罪事件の弁護を引き受ける主人公は真の弁護士だと思いました。特に、勝算があるのか問われたときに「わかりません。どうして決めつけるのですか?」というセリフがグッときました。真実の検証をしている最中は、周りが見えなくなるくらい夢中になる主人公のひたむきさに感動さえ覚えました。
女性40代
弁護士のドラマが最近多いけれど、冤罪に立ち向かうちょっと変わった弁護士を描くので面白かったです。冤罪を晴らすので、観ていて気持ちがスカッとしました。川口春奈の役どころは果たして必要なのか、その部分もある意味、これからが楽しみかも。
男性50代
主演の坂口健太郎さんの透明感のある雰囲気が、まさにどこにも偏らないイノセンスな感じがあって、やり手には見えなくても、こんな弁護士ならば信用できる感じがします。冤罪弁護だからこそ、クライアントとの信頼関係が大事。いい芝居をしているなと思います。
女性20代
事件性のあるドラマはよく見るけどさの中でもこれは冤罪を弁護すると言うありそうでなかった内容で面白いです。今や大人気の坂口健太郎さんが主役というところも注目しながら楽しみたいです。最後すっきりしました。


■関連記事

【2019冬ドラマ一覧】1月スタート作品まとめ

↓↓2019年冬日本テレビドラマ↓↓

『3年A組-今から皆さんは、人質です-』(主演:菅田将暉)

『家売るオンナの逆襲』1話〜最終回まで(主演:北川景子)

『節約ロック』(主演:上田竜也)

『人生が楽しくなる幸せの法則』(主演:夏菜)

『イノセンス~冤罪弁護士~』(主演:坂口健太郎)

i-mobile(SP/PC)

-2019冬ドラマ, イノセンス 冤罪弁護士, ドラマ

Copyright© 新参者movie , 2019 All Rights Reserved.