ドラマ・映画・アニメの見逃し無料動画配信情報!

新参者movie

2018年ドラマ 2018秋ドラマ ドラマ 科捜研の女

【科捜研の女season(シーズン)18】第6話見逃し無料動画フル視聴方法(11月29日放送)

投稿日:

今回はテレビ朝日夜8時放送のドラマ『科捜研の女シーズン18』第6話の見逃し無料動画配信に関する情報と、見逃し無料動画の視聴方法を解説したいと思います。

 

Paravi

 



『科捜研の女シーズン18』第6話 予告動画 あらすじ

公式予告動画の配信は終了しました(YouTube)

第6話

日本の昆虫学の権威・花森栄一教授(岩松了)が自身の研究室の中で何者かに襲われ、意識不明の重体となった。花森の指先からドライジン、ライムなどが検出され、花森が事件前夜にバーでカクテルを飲んでいたことが判明。バー店主の話では花森は女性を伴い、6年前の罪を自白しようと思う、と話していたという。マリコ(沢口靖子)は現場に落ちていた蝶の標本に「2012.9.3 JH 宮内あすか」と書かれていたことを思い出し…。

宮内あすか(小池里奈)は、大学附属病院の小児科に入院しているときに支援学級で花森から理科を教わっていた。土門(内藤剛志)とマリコが事情を聞くと、蝶はアサギマダラで6年前に病気の自分を救ってくれたのだという。

6年前、花森の授業で渡り蝶のアサギマダラが無事に新しい世界にたどり着けたら自分も難病を克服できる、との願いを込め空へ放ったというあすか。やがてアサギマダラが種子島で見つかったという報告を受け、生きる力と勇気をもらったという。土門はバーで花森と一緒だったのはあすかではないか、と質問するが、あすかは曖昧に否定する。

犯人の逃走経路と思われる門に残された指紋から、沖縄の不良グループの元リーダー・平良圭介(三浦孝太)という男が浮上した。平良は6年前に発生した未解決の現金輸送車襲撃事件の容疑者。この男と花森にはいったいどういう接点があるというのか?花森の罪とはいったい何なのか?
マリコが一匹の蝶からたどり着いた、衝撃の真相とは!?

ゲスト:岩松 了、渡辺 梓、小池里奈、三浦孝太、山下裕子

【出典 公式サイト

第6話 ゲスト

岩松 了

 

 

 

渡辺 梓

 

 

 

小池里奈

 

 

 

三浦孝太

 

 

 

山下裕子

 

 

 

ビデオパス

 

『科捜研の女シーズン18』第6話 見逃し無料動画は?

『科捜研の女18』6話放送終了後、1週間以内の場合

『科捜研の女18』6話放送終了後から1週間の下記の公式動画配信サイトで見逃し配信します。

※見逃し配信期間 11月29日番組終了後〜12月6日番組開始前まで

民間公式テレビポータル「TVer」

「テレ朝動画」

 

U-NEXT

Tver、テレ朝動画のメリット、デメリット

■メリット

タダ(無料)

登録作業をしなくてもいいのでお手軽♪

■デメリット

広告がうざい→15分に1回くらい広告が入ります。テレビ見てる時と同じくらいの頻度

簡単なアンケートの任意回答要求→任意なので答えなくて動画見れます。

 

『科捜研の女18』6話放送終了後、1週間が過ぎてしまった場合

『科捜研の女18』はビデオパスで配信中です。

※テレビ放送終了後、ビデオパスに最新話が追加されます。

30日間無料視聴可能です。

 

ビデオパスについて

ビデオパスはauが運営していて、

100,00本以上のドラマ、アニメ、映画が見放題。

また、新規見放題プラン登録で540円分のポイントがもらえるので、

見放題では、配信されていない最新映画などもこのポイント利用で

視聴可能。

さらに、業界最安値の月額562円(税別)に加え、

30日間無料。

期間内は解約自由なので、まずは試してみることをおすすめします。

 

『科捜研の女シーズン15〜17』配信中!!!

auビデオパスでは現在、ドラマ『科捜研の女シーズン15〜17』シリーズ動画配信中!!

(2018年10月14日放送分の科捜研の女スペシャルも含む)

 

 

 

『ドクターX』も配信中!!!

auビデオパスでは現在、米倉涼子主演のドラマ『ドクターX』シリーズも全シリーズ見放題配信中!!(ドクターY-外科医・加地秀樹も含む)

 

 

現在放送中の米倉涼子主演『リーガルV』も見逃し配信中!!!

30日の無料期間もあるので、

まずは試してみることをおすすめします。

 

ビデオパス

 

『科捜研の女18』第6話 渡り蝶の秘密/飛行距離1200キロ!? 蝶が見た逃亡犯VS虫取り名人マリコ ネタバレ・視聴者の感想 視聴率11.9%

第6話ネタバレ

日本の昆虫学の権威の花森が襲われ、6年前の罪を償うと言っていた。襲われた現場には2012年9月3日の印字が羽についたアサギマダラという蝶の標本があった。現場にあった消火器が凶器と推測され、犯人は窓から逃走しクビに繊維が付着し、頭に傷があったので、クビを絞めてから消火器で殴ったと推測された。教え子が夜に研究室の明かりがついていたので、気になって覗いたら倒れていた。又、その夜にバーで6年前の事を店員に語っていた。その蝶は教え子の宮内の難病の治癒を願って花森に6年前に放たれた蝶だった。その蝶は渡り蝶で宮内は日付けと名前を書いて放ったのを、さとうきび畑で700㎞先で捕まったそうだ。
又、大学の閉鎖された門から6年前の福岡で8千万円の現金輸送車襲撃事件の容疑者の平良の指紋が検出された。手首近くに蛇の入れ墨があったが、決定的証拠がなく逮捕を免れたそうで、花森が共謀者で6年前の事件を自白しようとしたのを平良が阻止する為に花森を襲ったと土門は推測する。
平良は工事現場で聴取を受ける。一方、花森は意識を回復するが、襲われた相手の顔が思い出せないと言う。花森は当日の夜に女性とバーに行ったことを尋ねられる。宮内はアメリカで心臓移植するのに1憶3千万円を募金で募り、ある人から4千万円寄付があったそうだ。襲撃事件の後に振り込まれていた。マリコはバッグの付着物からアサギマダラのりん粉が付着していたとわかり、花森は宮内に4千万円を寄付したと言う。しかし、後にそれは、平良だとわかる。
一方、花森のクビを絞めたネクタイが特定される。又、移植の後の宮内のブログの筆跡が違うと判る。種子島の常宿の女将のたえ子の筆跡と一致する。女将は嘘をついて6年前の蝶が見つかったことにしていた。丁度、花守は襲撃事件の日に種子島にいたので、アリバイが成立する。マリコは平良と宮内を結ぶ線を見つけようとする。花森は宮内に嘘をついたと言うと、宮内は自分の字ではなかったと知っていたと言う。しかしマリコは6年前のペンを保管していて寄付金が入っていたバッグについたリン粉が一致する。平良は宮内と同じ病気の宮内が怪我をして沖縄に戻り海岸で蝶を見つけると羽の名前をネットで検索し宮内を助ける会を知る。
一方、花森の襲撃現場の防犯カメラを調べると平良とホストの石黒の共謀とわかる。花森は宮内の病室の前で寄付金を入れたバッグと共に平良を目撃していた。
花森は平良に会い、6年前の襲撃の事を知っていると言い、口封じの為に石黒が花森を襲ったと判る。花森は宮内の恩人の平良を告発する事を躊躇した。
平良は捕まるが、平良は宮内に会うと蝶のブローチを渡し、自分の恩人だと知っていたと言いたという。犯罪者の平良にも良心の呵責があって自分の罪滅ぼしをしたかったようだ。

↓↓第5話あらすじ・ネタバレはこちら↓↓

【科捜研の女season(シーズン)18】第5話見逃し無料動画フル視聴方法(11月22日放送)

第6話感想

男性40代
今日のお話は、ちょっと心打たれる内容でした。面識もない女の子の手術費を稼ぐために現金を強盗してまで四千万円を得て女の子の病室に届ける。それ以外にも、全ての事情を知りながらあえて黙っていた昆虫教授の粋な計らいにも感動致しました。どちらも、私には出来ない決断だったと思います。
女性20代
今回は不良と少女のほっこりする物語でした。死人が出なかったのもいいですね。大学教授といい元不良といい、コミュニケーションがまともに取れない人たちだなと苦笑したのもつかの間、実は二人とも同じ女性のために秘密を抱えていたのでした。確かに現金強奪事件を起こしたのは良くない、良くないですが、自分では使わず病気の子のために捧げたのは素敵でした。きっと罪を償ったら二人はいい関係になれるでしょうね。
男性30代
頭を殴られて昏睡状態の被害者の大学教授をしている花森栄一と捜査官から名前を聞いた瞬間に科捜研のマリコが、研究所で使う昆虫のデータベースを作り上げた人物の一人だと知っている所から、マリコは直接会わなくても仕事に関する全ての人の名前を記憶しているように思われて感心した。
男性30代
科捜研でマリコたちが被害者の花森の状況を、それぞれ分析した結果を報告している時に殺害方法が二段階あるほどに犯人に殺意があったのを亜美と呂太がジェスチャーで表す所が面白く、犯人がそこまでしたのに被害者の花森が生きていた事を不思議に話していると呂太が、虫が助けてくれたというファンタジックな話を楽しそうにする姿は少年のようで可愛らしく笑ってしまった。
男性30代
研究室で頭を殴られて倒れていた花森を見つけた准教授の磯部礼子に捜査官の蒲原勇樹が話を聞くと、発見した時に虫が激しく鳴いていてので虫の知らせと話す所が独特で、他のドラマの個性的な動物学者と同じように見えたので話が弾むだろうなと思った。
女性40代
今日はなんだかハッピーエンドな感じで爽やかな気持ちになりました。蝶の研究をしている教授が被害者でしたが、襲われただけで命は助かったのも良かったです。毎回、事件が殺人じゃなくても物語は成立するのになぁと改めて思いました。
女性40代
まさに虫の知らせ?という感じがぴったりでした。昆虫を研究している教授が襲われ、妙に外で虫の声がしたりしたということで同僚が通り掛かったり、目が覚めた時にもテントウムシがその教授の顔にとまったり。愛情を注いでいるものってどこかで助けてくれるのかな?事件もチョウチョのおかげでドラマチックに解決したしとてもいい話でした。
女性40代
不良をしていた青年と病気だった少女がこんな風に関わってくるなんて~と今回もストーリー展開がうまくてとても楽しめました。大学教授がとうてい犯罪を犯しそうにない人物なのに、意味深発言があったりと気を揉ませましたが、実はけっこうみんながそれぞれに良い人で無事に事件が解決してよかったです。
女性40代
そんなにチョウチョって飛べるんだなぁ。設定ではありますが、東京から沖縄までチョウチョが渡ったということになっていました。マーキングした名前を検索して、病気だった少女のためにお金を届けたというちょっとあり得ないような展開でしたが、感動的な部分が要所要所にあったので全体としては良い話にまとまっていたと思います。
女性40代
今日の行動範囲が、ピュアなの難病の少女と不良あがりの現金強奪犯を結びつけるなんて、面白いストーリーだなと思いました。科捜研がらみで作られているネタなので、きっと本当にこれぐらい朝が飛行したと言う事例があるんでしょうね。
女性40代
大学教授がいい味出してたなぁ。「6年前の罪を自白しようと思う」などと発言したので調査していた銀行強盗のことかとみんなが疑ったのですが、最初にマーキングしたチョウチョと違うチョウチョに自分がマーキングして遠方の知り合いに見つけてもらうよう細工したことでした。少女に希望を持たせるためにしたことなので、やや人騒がせな事件にはなりましたがウソも方便の域なのに紛らわしいなぁと思いました。
女性40代
被害者が知らない事件というのは「科捜研の女」では少し珍しいな、と妙に感心してしまいました。それでも検死、いやいや検視はするんですね。平良という実は結構いい人だった元不良が殺人未遂半じゃなくて、少しほっとしました。
女性40代
蝶が京都から沖縄までという長距離を飛んだということはあり得るとしても、その観察方法が直接羽に文字を書くことだなんてなかなか驚きでした。しかもそれが1人の少女の命を救うことにつながったわけです。蝶を見なければ4千万円を強奪しなかったのかどうか、あすかちゃんが悩まないといいな、と思います。
女性40代
正直いうと、昆虫学の花森教授が被害者だったのを見て、ちょっとびっくりしました。花森教授役の役者さんの岩松了は、いつも曲者役をやっているイメージがあるからです。生き延びたと聞いて、やはり現金強盗グループに関係があるのかなと思ったら、最後までいい人だったので、個人的に不思議な感じでした。
女性30代
渡り蝶を介して違う人生を歩んできた二人に接点をもたらすとは、ロマンチックだなと思いました。なかなか人と距離を置いてしまう時代で、1つの物を介して心の支えにしたり、純粋に相手の幸せを願えるのは心を豊かにすることではないかと思います。私もそういう出会いをしてみたいです。

【見逃し無料動画まとめ】ドラマ『科捜研の女 第18シリーズ』(主演:沢口靖子)

FODプレミアムロゴ

i-mobile(SP/PC)

-2018年ドラマ, 2018秋ドラマ, ドラマ, 科捜研の女

Copyright© 新参者movie , 2020 All Rights Reserved.