ドラマ・映画・アニメの見逃し無料動画配信情報!

新参者movie

映画

【2018最新版】NETFLIX(ネットフリックス)で配信中のおすすめ映画119選!【洋画編】

更新日:

目次



ファンタスティック・ビーストと魔法の使いの旅

 

この映画は、大人気映画シリーズのハリーポッターの続編映画として公開されました。続編といっても、実はハリーポッターが生きている時代よりも50年ほど前の物語です。見どころは、ハリーポッターが使っている魔法動物の教科書の著者が主人公になっているところです。魔法動物の教科書を書いた人はこういうい人物なのかと思いながら見ると、新しい発見があるかもしれません。さまざまな魔法動物が登場し、物語を盛り上げるのもポイントの1つです。

テッド2

 

テッド2は見た目はかわいいのに言動はひねくれた大人そのもののシュールなキャラが好評を博した「テッド」の続編です。2015年6月にアメリカで制作公開された映画です。見どころは、前作同様見た目に反してひねくれた大人キャラのテッドのシュールな言動でしょう。独特の世界観を創出しており前回同様楽しめることでしょう。テッドの下卑た振る舞いも相変わらずです。周囲のテッドに対するバカげた扱いも思わず笑ってしまいます。

フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ

 

恋愛にファンタジーを求める姿を楽しめるのがこの映画の見どころです。女性から見たセクシーな妄想を描いているので、映画全体は綺麗な印象です。キャストも美男美女なので、エッチなシーンもとても洗練された雰囲気なのが見どころです。撮影はフランスとカナダのお洒落なロケーションで行われています。サウンドトラックの選曲もとても良く、それぞれのシーンにピッタリです。続編が必ず観たくなるラストシーンも見どころのドキドキするストーリーです。

ラブ・アクチュアリー

 

リチャード・カーティスの初監督作品です。最大の見どころは、異なる人物達が織りなすそれぞれのラブストーリーが、最後には不思議な形で繋がってしまうという事です。イギリスの名優陣が勢揃いしたクリスマス映画なので、それだけでも見どころたっぷりです。ユーモアと愛情に溢れた、心がほんわかと温まるストーリー。キャラクターの設定も面白くて個性的なので楽しめます。サウンドトラックも大ヒットしたので、音楽好きの方にもおススメです。

スーサイド・スクワッド

 

『スーサイド・スクワッド』は、アメリカの同名のコミックシリーズを実写化した映画作品です。漫画出版社である、DCコミックスから出版されているコミックスに出てくる敵役を主人公にすえたストーリーになっています。見どころは、普段悪役として描かれているキャラクターたちの違った一面が見られるところです。自分たちを「悪いやつら」と自称しながらも、それぞれに苦悩や守りたいものがあるなど、思わず涙してしまうシーンがあるのもおすすめポイントです。

ワイルドスピードSKY MISSION

 

言わずと知れたカーアクション映画の傑作シリーズの1つでドミニクトレットとブライアン・オコナーらが元イギリス特殊部隊員のデッカード・ショウと対決することとなる。本作はこれまでの陸上メインとしていたカーアクションに対し、映画のタイトルにもなっている通り空中でのカースタントも取り入れているところが最大の見どころです。又、本シリーズの特徴でもある往年の名車からスポーツカーまで自動車ファンにはたまらない名車が多数登場することも見どころの1つです。

TIME

 

TIMEは、2011年にアメリカで制作公開された映画です。舞台は近未来で遺伝子操作によって25歳から年をとらなくなっているのですが、人口増大に歯止めをかけるために時間を通過として機能させているという独特の世界観で構築されています。見どころは、不平等で富裕層と貧困層が対立しているという現在でも問題が表面化しつつあることを近未来の一見優れた世界で描き出している点でしょう。SF仕立てで本当に近い未来このようなことが実現するのではないかと考えてしまいます。

ピクセル

 

ピクセルは2015年にアメリカで制作公開された映画です。昔なつかしの「パックマン」「ギャラガ」「ドンキーコング」「アルカノイド」などアーケードゲームとして、また、家庭用ゲームとして移植されて人気を博した作品のキャラが登場します。内容は、ゲームキャラに扮し地球侵略を企むエイリアンから人類を守るというものです。見どころは、昔なつかしのCGキャラたちがギャグ的要素もからめて物語が進行する点でしょう。昔のゲームを知っている大人も現代の子どもたちも楽しめます。

ナイト・ビフォア俺たちのメリーハングオーバー

 

ナイト・ビフォア俺たちのメリーハングオーバーは、大人になりきれない悪友トリオが繰り広げるクリスマスナイトを描いた娯楽作品です。 この映画の見どころは、アメリカならではのドラッグでのぶっ飛んだコメディが堪能できるところです。 男三人組がクリスマスイブのバカ騒ぎをする映画ですが、予定調和でほのぼのとした作品になっています。 この映画のおすすめポイントは、パロディの元ネタがわかりやすいところで映画好きの人なら純粋に楽しむことができるでしょう。

オール・ユー・ニード・イズ・キル

 

オール・ユー・ニード・イズ・キルは日本のライトノベルを原作とし、トムクルーズ主演でハリウッド映画化されたSFアクション映画です。戦場で何度も死んでやり直す主人公が、どんな選択をしていくのか、最終的にどこへたどり着くのかきっと想像を超えるストーリーとなっているのでおすすめです。見どころは戦士としてまったくの素人だった主人公が数え切れないほどの戦死回数を越えて守りたい人ができ、身体的にも精神的にもたくましくなっていくところでしょう。

インターステラー

 

映画インターステラーの見どころといえば何と言ってもクリストファー・ノーラン監督だということです。ノーラン監督の特徴でもある時間や空間をずらして最後の見せ場でそれぞれの出来事が見事に重なり合って終結するという独特の手法が惜しみなく使われているのはこの映画の最大の見どころです。SFサスペンスが大好きな方は当然ですが、そうでない方でも楽しめる映画です。この映画には2017年にノーベル物理学賞を受賞したキップ・ソーン氏がチームに加わって科学的なアドバイスをしています。相対性理論を初めて忠実に再現したといわれている映画でもありそうした点も見どころの一つとなっています。

ウォンテッド

 

ウォンテッドの見どころは、なんといっても派手なアクションです。 特に主人公を狙う暗殺者たちの撃った後に弾丸の軌道を曲げて、相手を確実に仕留めるという通常ではありえないようなガンアクションはおすすめです。 こうしたスピーディーなアクションシーンに加えて、最初は本当に冴えない平凡なサラリーマンだった主人公の成長や葛藤が組み込まれていて、無駄なシーンが一つもなく最後までノンストップで飽きずに見られるアクション作品です。

グランドイリュージョン

 

グランドイリュージョンの見どころは、劇中次々と披露される近代的でわくわくさせられるイリュージョンの数々です。ここぞという見せ場はもちろん、息つく暇もなく次々とショーが行われているかのようです。エンディングまであっという間、騙されることが気持ちいいと思わせてくれる爽快感があります。同時にストーリー自体は、実は勧善懲悪のヒーローっぽい要素もあり、ファミリーやカップル、友達同士など誰とでも楽しく見られるエンターテインメント映画になっています。

ジャンパー

 

ある日突然「ジャンプ」と呼ばれる瞬間移動の能力を手にしたひとりの青年の物語です。正義の為に世界を救うわけでもなく、銀行でお金を盗んだり世界中を飛び回ったりと、全力で私利私欲に走る主人公でしたが、やがて、ジャンプ能力を持つ「ジャンパー」達を抹殺しようとする組織に命を狙われる事になります。見どころは、こんな能力があったらほとんどの人はこう使うだろうなと感じさせる人間味あふれる主人公、CGを駆使した派手なジャンプのアクションなどです。

バックトゥザフューチャー

 

車がある一定の速度を超えると時空を超えてタイムスリップができる様になって、過去にも未来にも自由に行き来できる様になります。主人公は過去に行って、未来を変えたいと考えてタイムスリップするのが見どころです。 主人公は過去にはいけたのですが、想像以上に過去に行ってしまい未来に戻る事がなかなかできません。なぜならタイムスリップには大量のエネルギーが必要になるので、過去にはそのエネルギーを補充する方法が見つからないからです。

 

シャーロックホームズ

 

シャーロックホームズは2009年に日米合作で制作公開されたアクション・ミステリー映画です。言わずと知れたコナンドイル原作の映像化作品です。主演はロバート・ダウニー・ジュニアさんです。内容は名探偵シャーロックホームズが国を揺るがすモリアーティ教授を追うというものです。見どころは、シャーロックホームズが現代にやってきて活躍したらどうなるのかといったストーリー展開や主演を始めとしたアクションシーンでしょう。これまでにないシャーロックホームズやワトソンが描かれています。

アーサークリスマスの大冒険

 

はじめから独特なサンタクロースの世界、ハイテクマシーンを駆使してプレゼントを世界中に配る近未来的な世界観と個性的で可愛いキャラクター達にまず、ワクワクしてしまいました。 アーサーはドジで失敗ばかりですが、憎めない奴で純粋かつ誠実なので見てて応援したくなります。 見どころはプレゼントが届かなかった子供にアーサーが渡しにいく道中にあるハプニングとそれを乗り越えてプレゼントが届いたら、感動がそこにあります。

インセプション

 

レオナルド・ディカプリオと渡辺謙の共演で話題となった映画「インセプション」。最大の見どころは見事に映像化された「想像された夢の世界」です。よりリアルな演技と世界観を出すため可能な限りCGを使わず撮影された今作。回転する部屋や丸まっていく街など、視覚的インパクトが絶大です。 「想像力を駆使して夢の中を行き来する」という物語構成も大きな見どころになっています。見る人によって意見の割れるラストシーンも注目したいポイントです。

DEATH NOTE

 

「DEATH NOTE」は少年ジャンプで連載されていた同名の漫画作品が映画化されたものです。DEATH NOTEという名前を書かれると死に至るという恐怖のノートにまつわる天才同士の対戦風景が映画の見どころとなっています。ドストエフスキーの「罪と罰」のようなドキドキ感がある作品として、少年・少女のみならず、多くの大人からも人気を博した作品です。エルとライトの心理的攻防が最大の見どころだということができます。

Mr.ビーンカンヌで大迷惑

 

「Mr.ビーンカンヌで大迷惑」はミスタービーンシリーズの一作です。ミスタービーンが芸術の都カンヌで大暴れするコメディ映画となっています。見どころは何と言ってもミスタービーンのハチャメチャな姿でしょう。悪気のないミスタービーンの行動は大人から子どもまで楽しく見れるファミリー向けコメディとしても定評があります。今どき、純粋に楽しむことができるコメディ作品は少なく、その点でも貴重な映画だということができます。

チャーリーとチョコレート工場

 

チャーリーとチョコレート工場は、2005年に制作されたジョニー・デップ主演のアメリカ映画です。内容は世界的に有名なチョコレートを作るウォンカの通常は非公開の工場へ子どもたちが招待されるというものです。見どころは、チョコレート工場にいるウンパ・ルンパという生物がミュージカル調に歌ったり踊ったりする様やチャーリーの行動や表情、衣装や独特の世界観です。家族愛をテーマとしており、子どもだけでなく大人までホッとするようなストーリー展開もヒットした秘訣なのかも知れません。

ホリデイ

 

住むところも経済的地位も、もちろん性格も全く異なる二人の女性・アマンダとアイリス。同時期に失恋した二人が気持ちを入れ替えようとホームエクスチェンジ――互いの家を交換し、クリスマス休暇を過ごすことから物語が始まります。この作品の見どころは誰しも経験する失恋を少しだけドラマチックに、けれども「恋を失っても、そこから新しく再出発できる」ことを表現しているところです。ロマンチックに、時にコミカルにストーリーが展開されていくので、気楽に楽しめるところも魅力のひとつではないでしょうか。

ミュータントタートルズ

 

「ミュータントタートルズ」はミュータントと呼ばれる突然変異の4匹の亀忍者が活躍するアクション映画です。アニメ化されたりとアメリカのみならず日本でも人気を博しているシリーズものです。映画の見どころはタートルズの格闘シーンです。剣や槍、ヌンチャクを活用した戦闘シーンは迫力満点であり、見ていてハラハラさせられます。忍者という和の要素を取り入れたアメリカ映画、という点も面白く、高く評価されているポイントでもあります。

バットマンVSスーパーマン

 

見どころはバットマンが人間でスーパマンと戦わなくてはいけないという点です。身体能力が全然違うのでバットマンは知力を駆使して戦わないといけないのです。まずスーツを対スーパーマン用にして、武器もスーパーマン用のものを準備して戦っていきます。どのような戦いになるのか非常に興味深いです。そしておすすめポイントは、お互いの正義が違っているという点です。人類の評価も含めて誰が正義で悪なのか、それぞれの視点から描いている点がポイントです。

ターザン

 

ターザン映画の一番いいところは、見ている自分たちがターザンと同一化して、ヒーローになり切れるというところといえます。 映画の場合、多かれ少なかれそういう要素がありますが、ターザンの場合は、筋骨隆々としたマッチョ姿に憧れるという点と、動物たちと会話ができて、彼らと仲間になれるという点が、見どころであり、なおかつ現実的でないにしても、そうありたいという願望がスクリーンで実現できるところがとてもいいのです。

素晴らしきかな、人生

 

「素晴らしきかな、人生」は2016年にアメリカで公開されたドラマ映画で、主演は現在のハリウッドを代表するスーパースターの一人Will Smithです。このために、メガヒットを期待されたのですが、残念なことにWill Smith主演作品の中では最低の記録となってしまいました。 しかし、内容自体は決して駄作というわけではなく、豪華キャスト達の共演は見どころが盛りだくさんです。特に、Edward Harrison Nortonの怪しい演技は見ものです。

ティファニーで朝食を

 

ティファニーで朝食をという映画は、ニューヨークを舞台にした名作映画として有名です。半世紀以上前に公開されたこの映画ですが、未だに色褪せない人気作品として語り継がれています。この映画の見どころといえば、やはり主演のオードリー・ヘップバーンの美しさでしょう。その美しさに魅了された人々は多いはずです。そして、コールガールのラブストーリーという、今までには存在しなかったストーリー構成も注目すべきポイントです。

ワールド・ウォーZ

 

ワールド・ウォーZ映画はいわゆる「ゾンビ映画」です。ゾンビ映画と言うとB級とかスプラッター物というイメージが強いですがこの映画の主演は何とブラッド・ピットであり内容もそれにふさわしい、ちゃんとした物になっています。また映像の迫力は相当な物で特にエルサレムの壁に群がる無数のゾンビの映像は最大の見どころの1つです。この映画に出て来るゾンビは敏感で行動が素早く「気づかれたらアウト」というハラハラドキドキのシーンが次々に展開されます。他のゾンビ映画と違いラストではちゃんとした結末も設定されています。ゾンビ映画はちょっと、という方もこの映画は別です。お見逃しなく。

ハンガーゲーム

 

ハンガーゲームは、2012年にアメリカで公開されたアクション映画です。日本でもかなり人気の作品となり、見たことがある人も多いのではないでしょうか。ハンガーゲームの見どころと言えば、作中のアクションでしょう。主人公の女性のアクションは非常に格好よく、映画を見る人を魅了すること間違いありません。また、見知らぬ人とのサバイバルを描いた人の作品でもありますので、生と死をめぐる登場人物の人間関係にも注目です。

レオン

 

レオンは暗殺者になるしかなかった男の人生を描いた物語です。見どころは人によって違うかもしれませんが、主人公レオンの考え方が変わっていく様が多くの人の目を引き付けるでしょう。そのきっかけとなる少女マチルダの言葉とその後の展開が見どころの一つであると言えます。 レオンにとって自分と重なる友人のような鉢植えへの考えに対してに対して「大地に植えれば根を張るわ」という何気ない言葉をかけたことが後々レオンの考え方を揺さぶっていくというのがこの物語の核心であると言えるでしょう。個々に注目してみたい物語です。

 

ハドソン川の奇跡

 

ハドソン川の奇跡は実際にあった出来事を映画化したもので、見どころは離陸したばかりの飛行機がエンジントラブルによりハドソン川に不時着するまでの過程を詳細に描いている点です。機長とすれば機体に異常が発生した場合は空港に帰るのが安全で機体への影響も最小限で済みますのでそれがベストです。しかしそれが叶わないと分かったらベストを捨てて一瞬の判断で、その時のベターの判断であるハドソン川への着水に切り替えます。結果として乗員乗客の命を救い、後にその判断が称賛されます。そのベストからベターの判断へ頭を切り替える機長の葛藤と判断も見どころです。

帰ってきたヒトラー

 

帰ってきたヒトラーは2012年ドイツで制作公開された映画です。内容は、現代のドイツに第二次世界大戦のときに自殺したヒトラーがやってきて騒動を引き起こすというものです。見どころは、あらすじからしても分かるようにもしヒトラーが現代に存在したらどうなるのであろうということをヒトラーの悪い面だけでなく良さも交えて公平に面白く描いている点でしょう。ヒトラーが現代にやってきたということを考えるだけでも歴史を知る人は興味が湧くところです。

最強のふたり

 

帰ってきたヒトラーは2012年ドイツで制作公開された映画です。内容は、現代のドイツに第二次世界大戦のときに自殺したヒトラーがやってきて騒動を引き起こすというものです。見どころは、あらすじからしても分かるようにもしヒトラーが現代に存在したらどうなるのであろうということをヒトラーの悪い面だけでなく良さも交えて公平に面白く描いている点でしょう。ヒトラーが現代にやってきたということを考えるだけでも歴史を知る人は興味が湧くところです。

マトリックス

 

架空世界と現実世界を舞台にした物語で、主人公が現実だと考えていた世界が実は架空世界だったというのが見どころです。架空世界なので、敵の攻撃も軽々とよける事ができる様になっており、主人公のアクションシーンも見どころになっています。ラストになると主人公は眠っていたカプセルから一人だけ目覚めてそこが現実世界だと知ることになるので、続きが気になるない様になっています。現実以外では主人公以外はいない世界になっているのです。

ルーム

 

ルームは、涙なくしては見られない映画です。その見どころは、母と息子の絆です。あることが理由で、外の世界から隔離された一室で暮らす親子の話なのですが、息子が成長するにつれ、母との関係にも変化が生じてくるのです。自分のお母さんとの思い出がある人、または、母と距離がある人、誰かの腹から生まれた子であれば、誰でもこの母子の綺麗な関係に共感し、感情移入することでしょう。決して短くはない上映時間ですが、映画の世界感に夢中になること間違いなしです。

レフト・ビハインド

 

キリスト教的な価値観をベースに、突然起こった信者の消滅現象に対処する親子の物語です。見どころは子供達や神の信者達消失の演出と、とっさの機転で飛行機の乗客を救う親子の絆です。苦しみに溢れたこの世界からの救済として楽園に送られた人々と残された人々ですが、残された側は現象に対処する必要があります。乗客の命を預かる父の責任感、そしてその父ともう一度会うため奔走する娘の絆の交流は胸が熱くなりますし、不時着のアイデアではハラハラドキドキの展開を味わうことが出来る、欲張りな作品になっています。

華麗なるギャツビー

 

キリスト教的な価値観をベースに、突然起こった信者の消滅現象に対処する親子の物語です。見どころは子供達や神の信者達消失の演出と、とっさの機転で飛行機の乗客を救う親子の絆です。苦しみに溢れたこの世界からの救済として楽園に送られた人々と残された人々ですが、残された側は現象に対処する必要があります。乗客の命を預かる父の責任感、そしてその父ともう一度会うため奔走する娘の絆の交流は胸が熱くなりますし、不時着のアイデアではハラハラドキドキの展開を味わうことが出来る、欲張りな作品になっています。

8mile

 

アメリカのラッパー、エミネムの自伝ともいえる貧困家庭に育った少年のサクセスストーリーです。この映画の見どころは、映画で初めて主演したエミネムの演技です。貧しい地域と家庭といった環境に育っても、ラップという一つの希望を見つけて夢に向かっていく姿もこの映画の見どころです。困難な環境や周りの反対を押し切ってでも、夢を勝ち取るために自分の意志を貫く主人公の姿が見どころです。米国のデトロイトの地域についても知る事ができます。

キック・アス

 

キック・アスは2010年に公開されたアメリカ映画で公開された週に全米で興行収入第一位となった大ヒット映画です。 この映画の見どころは主人公であるデイブがごく普通の高校生で、むしろ弱々しいのにヒーローに憧れ通販で買ったグリーンのコスチュームを着て悪に立ち向かっていく所なのですが立ち向かっていく相手が「いかにも悪人っぽい奴ら」で、その対比が相当に笑えます。けれど最大の見どころはクロエ・グレース・モレッツ扮するヒット・ガールの立ち回りとセリフです。この映画が大ヒットしたのはヒット・ガールあっての物で、そのキャラクターはとても11歳の女の子とは思えない物凄い物なのです。一見の価値が有る映画です。

天使のくれた時間

 

13年前、主人公ジャックは仕事での成功を夢見て恋人に別れを告げ、旅立ちました。結果大成功を納めましたが、ある日一人の不思議な青年の力によって「あの時別の選択をした場合のもうひとつ人生」を体験する事になります。そこには成功もお金も無く、でも横には愛する人や子供たちがいました。はじめは戸惑い怒る主人公でしたが、次第にささやかでも愛する家族と暮らす幸福に気付いていきます。見どころは、ふたつの人生を体験した主人公が何を感じ、何を選択するか、といった部分です。人生とは、幸福とは何かを考えさせてくれる映画です。

ウルフ・オブ・ウォールストリート

 

ウルフ・オブ・ウォールストリートの見どころは、レオナルド・ディカプリオが演じる主人公が、お金によってどのように人間が変わって行くのかという点です。最初はお金を持たない貧乏人だった主人公が、ヤバい方法で巨万の富を手にし、ドラッグやセックスに溺れて行く凄まじい変貌は、ありえないけれど人間の本来の姿でもあり、人は何を大切に生きるべきかを考えさせられる映画です。大筋は実話に基づいたお話であるという点も驚きです。

ダイバージェント

 

ダイバージェントはヴェロニカ・ロスのヤングアダルト小説「ダイバージェント、異端者」を映像化した2014年制作のSFアクション映画です。 世界崩壊後のシカゴで生存者たちが思想ごとの派閥に別れて生活する特異な世界観と、誰もが「なれる自分」になることを選ぶ世界で「なりたい自分」を目指す主人公ベアトリス・トリス・プライアー(シェイリーン・ウッドリー)のダイバージェント=異端者としての挑戦と葛藤が見どころです。

イミテーションゲーム

 

『イミテーションゲーム』は、第二次世界大戦中に、エニグマ暗号の解読に成功した、イギリスの天才数学者、アラン・チューリングを描いた映画です。見どころは、同性愛が認められていない時代に、自分が同性愛者であることに悩むチューリングの苦しみが描かれていることです。誰にも解読できなかった暗号を解読するという快挙を成し遂げながらも、今まで陰に伏せられてきたチューリングの功績を知ることができるのが、この映画のおすすめポイントです。

フォレスト・ガンプ一期一会

 

フォレスト・ガンプ一期一会の見どころは、フォレストが足と知能に障害がありながらもたくましく生き、その人柄と純粋さ、そして彼の才能が開花して、アメリカの歴史をたどりながらその要所要所にフォレストが関わっているところです。おすすめポイントは幼馴染のジェニーとのことで、二人はときどき出会いを果たしますがなかなか結ばれないものの、ジェニーがフォレストの子を身ごもって出会うところです。それがきっかけで結婚して病気の彼女を看取ります。

ハンコック

 

記憶喪失になった落ちぶれて、嫌われ者のヒーローが、偶然に人の命を救いヒーローとしての喜びや人から感謝される気持ちから立ち直って行き、人気者のヒーローに戻って行く話です。 映画ハンコックの見どころは、主人公のハンコックがヒーローとして立ち直って行く過程の葛藤シーンだけではなく、彼の過去を知る女性の登場によって、その女性と物理的に近づくとヒーローとしてのパワーが失われてしまうという謎めいたSFストーリーにあります。

キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン

 

キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャンの見どころは、実際に起きた詐欺事件を忠実に再現しているところであり、レオナルドディカプリオが演じるフランクとトムハンクス演じるFBI捜査官のカールとの逃走劇も見ものです。おすすめポイントは、逃亡者ながらも家庭の事情などで寂しさを覚えており、カールに逃亡先から電話をしたり、ガールフレンドの家族と過ごす喜びなどフランクの心情を表しているシーンで、つい同情を覚えてしまいます。

トゥルーマン・ショー

 

とある離島で暮らす平凡な青年がふとしたきっかけで自分のまわりの世界や人々に対して違和感を持ち、次第に世界の真実に気付いていく、という物語です。見どころは、物語全体の発想の奇抜さや、「ショー」にただ娯楽を求める無責任で非情な大衆、それらに翻弄されながらも自由を求め進む主人公の姿などです。主演はジム・キャリーです。「マスク」をはじめコメディーの印象が強い彼の普段とは違う落ち着いた演技も見どころのひとつです。

シャッター・アイランド

 

張り巡らされた複線からの大どんでん返しを楽しむために生まれたといっても過言ではないのが本作です。ロボトミー手術という実際に過去行われていた非人道的な手術に対する警鐘はもちろん、精神病の分野が非常にデリケートなものだという啓発としての一面も見ることが出来ます。見どころは、レオナルド・ディカプリオの好演で、特にラストの彼が正気か否かを、視聴者によってどちらにも取れるよう演じ切ったシーンは本作のハイライトと言えるでしょう。

アイ・アム・レジェンド

 

もしも、この地球上に生きているのが自分だけならと考えるだけで怖くなります。 一人でも、生きていく使命がありまたどこかに仲間がいないかと考えるのが人間です。 この映画には希望というものがあり、また同時に絶望も描かれておりそれが実は感動に繋がるようになっています。 予想していた結末では、消してないのがこのラストシーンでの見どころになります。 生きることは、戦うことでもあることがここでは上手く描かれています。 単なるゾンビ映画ではありません。

きみに読む物語

 

大ヒット映画となった、きみに読む物語の見どころはそのエンディングです。身分や育ってきた環境が全く異なる2人が周囲に反対されながら結ばれるという、素晴らしいラブストーリーに感動しながらエンディングを迎えると、実は主人公の女性が病気でその記憶を失いかけているという事実を目の当たりにします。それでもパートナーの男性は毎日一生懸命に2人の思い出を物語として語りかけ、何とか思い出してもらおうと懸命に努力する姿は、いずれ自分にもそのような日が訪れるのではないかと考えるきっかけとなり、今を一生懸命に生きようと思わせられるのです。

ショーシャンクの空に

 

ショーシャンクの空には1994年にアメリカで制作公開された映画です。原作はホラー作家として著名なスティーブン・キングさんです。内容は冤罪によって終身刑の判決を受け刑務所に入ることになった主人公が絶望的な環境の中でも希望を捨てずに生きていくというもの。見どころは、刑務所の厳しさをつきつけられながらもわずかな希望を捨てずに健気に懸命に生きていことする主人公の姿もさることながら、わき役である調達屋のモーガン・フリーマンの演技が光っている点でしょう。人が人を裁くということはどういうことなのかということも考えさせられます。同作品は批評家たちから大きな評価を受けました。

オーシャンズ11

 

オーシャンズ11の見どころは、まずジョージ・クルーニーやブラッド・ピット、マット・デイモンといったハリウッドを代表とする豪華なキャスト陣にあります。 この豪華なキャスト陣に裏打ちされた演技の安定感が作品の安定感にも繋がっているのです。 またストーリー展開も見事で、オーシャンたちが考えた巧みな金庫強奪作戦が、ただ完璧に遂行されていくわけではなく、途中のトラブルも含めてスリリングに展開されていく様がハラハラドキドキに繋がっておすすめです。

ツーリスト

 

ハリウッドトップスターであるジョニー・デップとアンジェリーナ・ジョリーが初共演する話題作。 旅行中に突然現れた美女、彼女に翻弄されるうちに、いつのまにか隠された計画に巻き込まれていくことに。状況が理解できないまま、警察に追われ、マフィアにも襲われる羽目に。いったいあの美女の正体は何なのか。 ラブサスペンスのストーリーはもちろん、撮影地のベニスやパリの美しい風景もこの作品の見どころのひとつとなっている。

パシフィック・リム

 

突如現れた巨大怪獣と人類との戦いを描いたSF映画です。怪獣に対抗するのは「イェーガー」と呼ばれる、各国が作り出した数体の巨大ロボットで、選ばれた2人のパイロットが搭乗し操作します。見どころは、何といっても男子の憧れ巨大ロボと怪獣のバトルで、最新CG技術で迫力満点に描かれています。他にも、パイロット達の葛藤や、滅亡の危機に晒された人類を取り巻く人間ドラマなど、深みのあるストーリーも大きな見どころです。

紀元1年が、こんなんだったら!?

 

「紀元1年が、こんなんだったら!?」は、狩猟と採取で暮らす原始人の日常を描いた作品です。狩りも満足に行えないジャック・ブラック演ずるゼドは、禁断の果実を食べてしまったために、村から追放されます。同じく居場所がなくなったマイケル・セラ演じるオーが一緒になり、途中で弟殺しで名前が知れ渡ったカインと合流します。彼ら3人は繁栄しているゴモラの町にたどり着くが、そこは男色などがはびこる退廃した町でした。セドとオーは禁断の間に入ってしまい、殺されそうになります。しかし、逆に司祭長を生贄として火の中に投げ込み、見事雨を降らせるのが見どころです。

 

40歳の童貞男

 

40歳の童貞男の見どころは、家電量販店に努める仲間たちが、彼が童貞と知るや否やなんとか童貞を捨てようとコンパに参加したり、お見合いパーティーに参加したり、脱毛サロンで胸毛を脱毛して綺麗にしようとするなどして奔走するところなのですが、なかなかうまくいかないところが滑稽です。おすすめポイントは、やっと素敵な女性に出会えたアンディですが、彼女には子供がいるシングルマザーで障害がありますが、最後は無事に卒業できるというところです。

ダークナイト

 

ダークナイトはアメリカン・コミック「バットマン」を原作とした実写映画作品です。クリストファー・ノーランさんが監督をつとめ2008年に公開されました。内容はお馴染みのバットマンが道化師の悪の権化とも思われるジョーカーを警察とは別に追うというものです。見どころは、主役のバットマンだけでなく、適役であるジョーカーの心情や葛藤もきちんと描写されている点でしょう。単なる勧善懲悪にとどまらないストーリー展開も魅力的です。

マンマ・ミーア!

 

マンマ・ミーア!は、2008年にイギリス、アメリカ、スウェーデン共同制作公開されたミュージカル映画です。俳優にはメリル・ストリープやピアース・ブロスナン等、監督はトムハンクス等有名どころで固められています。内容はシングルマザーに育てられたソフィが結婚式を控えバージンロードを一緒に歩むためにまだ見ぬ父親捜しをするというものです。見どころは、ミュージカルが好きな人はもちろん、俳優や音楽も著名な人物によって制作されているだけあって、誰でも楽しめる点でしょう。

シュレック

 

美女と野獣をテーマにしたような映画ですが、ジョークなどを取り入れた楽しいストーリーです。見どころは、童話のキャラクターが沢山登場する所。馴染みのあるキャラクターが出てくるので、子供も大人も一緒に楽しめます。ユーモアと優しさのある主人公。最大の見どころは、二人のラブストーリーです。さらに自分達の姿に自信を持って生きて行くという意気込みが素晴らしい。外見よりも、気持ちの優しさとか強さが大切なのだという事を教えてくれるストーリーです。

THIS IS IT

 

「THIS IS IT」はアメリカのスターであるマイケルジャクソンの死後に発表されたドキュメンタリー映画です。マイケルジャクソンの生前の思いを知ることができる映画として、彼のファンのほか、アメリカのポップカルチャーの研究者からも高く評価された作品です。見どころは未発表であったマイケルの曲やダンスが見られるという点で、キレの良いダンスはさすが「King of Pop」と呼ばれただけのことはあるなと感心させられます。

大脱出

 

主人公は刑務所のセキュリティを強化するために、自ら収監されるという特別な仕事の請負人。刑務所の脆弱性を鋭く的確に指摘していくことで、関係筋には有名です。ある日、極秘任務の依頼を受けて、絶対に脱出不可能と言われていた刑務所に収監されますが、これは仕組まれた罠だったのです。彼は刑務所からの脱出を試みますが、様々な障害にぶつかります。この映画の見どころは、主人公と主人公の相棒のコンビネーションです。二人は刑務所から脱出出来るのか注目です。

メン・イン・ブラック

 

メン・イン・ブラックの見どころは、無断で地球に降り立ったモンスターを捕まえるところで、そのモンスターを探すのに必死になるジェームズとKのやりとりで、新米のジェームズは見るものすべてが新しく、モンスターを見るのも初めてで驚きの連続なのに対してKは冷静でさらりと仕事をこなす2人のギャップが面白いです。おすすめポイントはKがエージェントを辞めるためにエージェントでの記憶をピカッとする機械で消し、妻のもとに帰るというところです。

チャーリー・モルデカイ

 

チャーリー・モルデカイの見どころは、全面に登場人物の個性や面白さが出ているところです。 奇想天外なストーリーではなく迫力あるアクションシーンなどはありませんが、キャラクターを十分に楽しむことができる映画です。 チャーリー・モルデカイのおすすめポイントは、同名の小説をジョニー・デップ主演で映画化しているところで彼のやる気を感じることができます。 口ヒゲをたくわえた主人公扮するジョニーが、マフィアや国際テロリストと共に争奪戦に巻き込まれていく姿が面白おかしく描かれています。

ガーディアンズ伝説の勇者たち

 

ガーディアンズ伝説の勇者たちは、世界を救うために妖精たちが活躍するファンタジーアニメですが、見どころは豪華スターが声優を務めているところです。 ヒュー・ジャックマンやジュード・ロウ、クリス・パインらのスターたちが吹き替えを担当しています。 ガーディアンズ伝説の勇者たちのおすすめポイントは、とてもほのぼのとした心温まる作品に仕上がっているところです。 主人公のジャック・フロストの自分探しの旅をメインに、信じることの大切さや信じられることの嬉しさを妖精物語に絡めて上手く表現しています。

ラブ・アゲイン

 

この映画の見どころといえば、やはりそれぞれの恋の行方です。 妻のエミリーに浮気された挙句離婚まで突きつけられた主人公ウィルはショックのあまりバーに入り浸ってしまいます。 ウィルは妻を見返すためにイケてない自分を変える決心をします。 そんなウィルにアドバイスをくれた生粋のプレイボーイが恋に落ちた相手はなんとウィルの娘のハンナでした。 さらにはウィルの息子で中学生のロビーまでベビーシッターのジェシカに恋心を抱いていたのです。 一体それぞれの恋の行方はどうなるのでしょうか? ちょっとくすりと笑えて心温まるエンターテイメントに家族ってやっぱりいい、そう思わせてくれること間違いなしです。

アデライン、100年目の恋

 

『アデライン、100年目の恋』は、2015年にアメリカ合衆国で公開された恋愛映画で、監督はリー・トランド・クリーガー、主演はブレイク・ライヴリーです。 交通事故を切っ掛けとした偶然により、不老の体となってしまったアデラインは、29歳の美しい姿のまま100年もの年月を過ごします。 彼女の心の支えは、老いた一人娘フレミングと愛犬とだけで、年老いていかないのを怪しまれないためにも偽名を使い、時々住所も変え友人も作らずに孤独に過ごしています。 そんな彼女が真実の愛に目覚めるのが見どころの映画となっております。

THE DAY

THE DAYは、日本生まれのイギリス人作家が書いた小説を映画化したもので老執事の叶わぬ恋を描いた作品です。 この映画の見どころは、重厚さの中にもしっとりとした雰囲気があるところで、流れるような描写に惹き込まれていきます。 一糸乱れぬ装いと気難しい中に気品漂う雰囲気があるアンソニー・ホプキンスの演技は見どころで、使用人仲間の女性の出現で微妙に心乱れていく演技は特に秀逸です。 THE DAYのおすすめポイントは豪華キャストが出演しているところで、主演のアンソニー・ホプキンスとエマ・トンプソンが際立っています。

スラムドッグ・ミリオネア

 

「スラムドッグ・ミリオネア」はインドの貧しい少年がクイズ番組で大金を得るという夢のような物語を描いた作品です。インドの生活習慣や文化を知ることができるドキュメンタリーとしても高く評価されている作品です。特に大金を得てもスラムの少年はすぐさま高貴な世界で生活ができるわけではない、という人種差別に関する描写はリアルで、映画のひとつの見どころであるともいえます。ストーリーもハラハラとさせられる面白い内容です。

そんな彼なら捨てちゃえば?

 

「そんな彼なら捨てちゃえば?」は、アメリカで大ヒットを記録したテレビドラマ「セックス・アンド・ザ・シティ」の脚本スタッフによってリズ・タシーロ原作のベストセラーを映画化した作品です。その見どころは、様々な事情を抱えた男女の恋愛模様がテンポ良く描かれているところにあります。男女の考え方の違いや本音が等身大に描かれており、ユーモアに溢れた作品です。映画の後半には、ほろりとさせるところも完成度を高めています。

ミッション・インポッシブル ゴースト・プロトコル

 

数々の成功不可能なミッションを成功させてきたグループが敵の策略にかかり、テロを起こした犯人として追われながらも真犯人を見つけて自分達の無実を晴らすという映画です。 見どころは精巧なスパイグッズを使った華麗なアクションですが、クレムリンがCGですが大爆発するシーンも見どころの一つです。 テロを起こした首謀者としてそのグループは解散させられますが、それを復活するために解散を指示したアメリカの政府高官を逆に利用し、その高官に解散を撤回させるように仕向けるやり方は、おみそれしましたと言いたくなるほどの秀逸な出来栄えでした。

 

トワイライトサーガ ブレイキング・ドーン

 

トワイライトサーガシリーズの中のブレイキング・ドーンはPart1とPart2の2部作で構成されています。Part1ではベラとエドワードの結婚と妊娠を描き、人間とヴァンパイアとの間に授かった子供によってベラは命を落とします。Part2ではヴァンパイアとして転生したベラとヴァンパイア一家のストーリーが描かれます。ヴァンパイアの子供を人間の体で授かってしまったことで命の危機を迎えますが、それよりも愛する我が子を産むことを選んだ母の強さが見どころです。

少林サッカー

 

少林サッカーの見どころは、少林拳をマスターしている主人公が常人外れたサッカーを行うことです。 選手を吹き飛ばしたり、通常ではありえないシュートを打ちます。 見た目にもインパクトが多くて、漫画のような動きをワイヤーアクションやCGで再現していて、コミカルな動きを実際にしているのが面白いところです。 特に最初にサッカーに目覚めて行きシーンや、決勝戦でのシュートの打ち合いなど見どころが多いので、気になる人は見てみましょう。

トランセンデンス

 

科学者ウィルは、妻とともに人工知能PINNの研究開発に没頭していたが、反テクノロジー派の銃撃で命を落とす。妻はウィルが死ぬ間際、彼の頭脳や意識をPINNにアップロードしていた。人工知能として蘇ったウィルは、あらゆる情報を取り込み、進化していく。地下施設に身を隠しながら、瞬時に人間を治療するマシンを完成させ、この治療を受けた人の肉体強化や、意識をリンクさせ、意のままに操れるようにした。ウィルの暴走を止めるべく、友人マックスはFBIと協力してマシンを破壊するためのウイルスを作成する。驚異的な進化を遂げ、暴走を始めた人工知能を止めることができるのか。ジョニー・デップら豪華俳優陣の共演も見どころです。

デンジャラス・ビューティー

野暮で無粋で言葉使い最悪で完全に色気無しのFBI捜査官のグレイシーをサンドラ・ブロックが演じるデンジャラス・ビューティーはとても面白い映画です。連続爆破犯から「ミス・アメリカコンテスト会場が次のターゲット」と予告を受けたFBIは女性捜査官をコンテストに忍び込ませる事にしますが適任者がおらず嫌がるグレイシーを無理やりコンテストに出場させます。そして特訓を受けさせるのですが、ここまでの経過も相当に面白く、見どころの一つです。コンテスト会場に潜入したグレイシーはついに連続爆破犯を見つけ出し逮捕します。そして会場から出て来るグレイシーの姿がこの映画の最大の見どころです。その変貌ぶりは目を見張ります。

エクスペンダブルズ

 

映像技術の進歩と共に、アクション映画のあり方は大きく変容を遂げました。そんな世の中で、90年代ハリウッドのコテコテアクションが懐かしいというファンに向けて放たれたのが本作です。見どころは何といってもスタローンの肉体アクション。筋肉と火力こそが正義といわんばかりのアクションシーンに懐かしさを覚えるファンも多いことでしょう。周囲を固める俳優陣も豪華そのもので、中でもブルース・ウィリスとアーノルド・シュワルツェネッガーの出演は、端役とはいえ90年代ファンにはそれだけで堪らない画です。昔を懐かしむファンには必須の作品です。

セッション

 

「セッション」はドラムのプロを目指す青年とドラム教師との確執を表現した映画です。スパルタ教育の是非を描いた作品であり、厳しい指導に耐えながらドラムテクニックを磨く様子が鬼気迫るものがあり、ひとつの見どころとなっています。ドラムの演奏シーンは圧巻であり、本当に素晴らしい演奏が展開されていますので、音楽好きの人からも高く評価されているところです。ミュージシャンからも高く評価された音楽映画の側面もあります。

プライベートライアン

 

プライベートライアンはスピルバーグの名作の一つで戦争中にあった実際の出来事を一部フィクションを加えて映画化したものです。見どころは4人兄弟のうち3人が戦死してしまったため残された一人を親元へ無事に帰らせるために必死になって救出にあたる点です。日本人目線ではあまりピンときませんがアメリカでは家族の悲しみを優先的に想い、1人だけでも無事に帰還させるという人情味を感じ考え方の違いを感じます。また戦闘シーンは迫力満点で胸のドキドキした鼓動を非常に感じる映画です。

アメリ

 

「アメリ」は、2001年に劇場公開されたフランス映画です。監督はジャン=ピエール・ジュネ、出演はオドレイ・トトゥ、マチュー・カソヴィッツ、ドミニク・ピノンで、フランス国内では大ヒットを記録しました。人とのかかわり合いが苦手で空想好きの少女アメリが、自分の殻から抜け出し、ささやかな人助けや恋を成就される作戦に挑むストーリーです。ストーリー以外にも映像や衣装などパリジェンヌらしいキュートさが見どころの作品です。

ライラの冒険 黄金の羅針盤

 

この映画の見どころは、黄金の羅針盤を手にした主人公が冒険をすることです。黄金の羅針盤を使うことで、主人公であるライラはさまざまな出来事を占えます。占いができるといっても、占った結果の解釈をしなければいけません。そして解釈の結果を間違うと大変なことになってしまいます。また冒険の舞台となる世界では、人間の分身ともいえる生物が常に人と一緒に行動しています。この分身のような生物との会話も、映画における魅力の1つです。

ファイトクラブ

 

ファイトクラブは1999年にアメリカで制作公開された映画です。それまでにいくつかの賞も受賞していたブラッド・ピットが、準主役的に出演しています。内容はそれまで普通の生活を送っていたジャックが、謎の男であるテイラーに導かれて秘密組織ファイトクラブに通うようになるというものです。見どころは、謎に満ちたテイラーの存在と最後までなぜそのような言動をとっていたのか不明なまま進んでいくストーリー展開でしょう。やや頼りなさげな主人公とブラッド・ピットの体格の対比も注目です。

きみがくれた物語

 

きみがくれた物語は2016年8月16日に公開されたアメリカ映画です。全米で500万部を超えるベストセラーとなったニコラス・スパークスの恋愛小説「きみと選ぶ道」を原作とした恋愛映画です。その見どころは印象的なセリフやシーンが盛りだくさんの主役の二人の恋愛模様です。最初の出会いはいいものではなかったですが、そこから様々な出来事を経て徐々に惹かれ合っていく二人、そしてついに結ばれ、幸せな生活を送っていた最中の突然の事故と、決断を迫られる主人公の葛藤など、恋する男女の全ての感情が詰まっているような作品は、デートで見るのにもうってつけです。

トータル・リコール

 

トータル・リコールは2012年にアメリカで制作公開された映画です。1990年には同名でシュワルツェネッガーが主演を務めた作品があります。内容は、21紀末の富裕層と貧困層が極端化した世界を舞台に、貧困層出身のエイドが人口記憶を取り扱うリコール社に向かいそこでエイドは驚くべき能力を発揮し秘密を知りことになるというものです。見どころは、見事なまでに描かれている近未来都市でしょう。意表をつくCGの数々に驚かされると思います。

トップガン

 

映画「トップガン」は主演のトム・クルーズをスターとして世界的に認知させる作品ですが、それだけではなくオリジナルサントラトラックもまた世界的にヒットしたことで知られる80年代を代表する作品の一つと申せましょう。タフなアメリカ空軍の精鋭を描いただけではなく、特に禁じられた恋も、また愛する人を失う人たちの悲哀も描き、ドラマツルギーとしても見どころは多く、今なお支持を集める青春映画の傑作と申しても過言ではありません。

ソルト

 

ソルトは、アンジェリーナ・ジョリー主演のスパイアクション映画です。主人公はCIAロシア部の職員で、突然二重スパイの容疑をかけられてしまい、逃亡しながら真相を探るという物語です。見どころやおすすめポイントがいくつもあります。アンジェリーナ・ジョリーのアクションは迫力が凄いです。スピード感があり、スリルを感じます。映画によくある展開になるかと思いきや、物語は意外な方向に進んでいくのでとても面白いです。

幸せのちから

 

駅のトイレで寝泊まりするというホームレス当然の生活まで追い込まれ、涙を流すほどの状況になりながらも主人公は決して諦めませんでした。小さな息子を世話しながらも、億万長者という幸せを掴んでいくいく過程は見どころです。学歴もない、お金もない、地位もない主人公は卓越したコミュニケーション能力や他の人とは違う発想力を活かして、状況を打破し、逆境をはねのけていきました。そして、それらが実を結ぶように段々と状況が好転していく場面はおすすめポイントです。

 

フューリー

 

映画フューリーは、戦車「FURY」を率いるチームに新人兵士が加入し、凄惨な戦場の中で生きていくリアリティある映像と演出が見どころの作品です。戦争の過酷な現実だけでなく、新人兵士の成長ストーリーも楽しめる作品と言えます。洗車には本物のティーガー戦車を使用しているため、戦車好きな人におすすめです。監督のデビッド・エアーは、かつて海軍で潜水艦の乗組員を務めた経歴を持ち、臨場感ある戦闘シーンが繰り広げられます。

ターミナル

 

ターミナルの見どころは、空港に降り立った時に突然国が滅びてしまい、パスポートが無効になってしまったことで行き場を失ったビクターが、父のあるジャズ演奏者のサインをもらうという夢を果たすためになんとかそこで生き延びようとするところです。おすすめポイントは、薬をアメリカに持ち込んで捕まっている同じ言語を話す人の通訳を頼まれますが、規則よりも人の命を救うために嘘をついたビクターのことを、空港職員が拍手喝采するシーンです。

バットマンビギンズ

 

バットマンビギンズは、アメリカン・コミック「バットマン」を原作とした実写映像作品です。クリストファー・ノーランさんが監督と脚本をつとめています。内容はタイトルにもなっているビギンズという言葉が表すように、バットマンがどのようにしてバットマンとなっていったのかについて描いたものです。見どころは、それまでのバットマンにあった勧善懲悪的内容から脱し、人間ドラマとして各人の心理などが巧みに表現されている点でしょう。

イングロリアスバスターズ

 

ナチスを舞台にした戦争映画。見どころは、やはりストーリーがタランティーノ風に流れていく部分です。以外な方向に話が進み、ヴァイオレンスなシーンもたっぷり。ファンにはたまらない展開が待ち構えています。フィクション映画としての戦争を思う存分楽しめるのも、この映画の見どころです。センスのある会話や迫力の演技を、美しい俳優陣がユーモアたっぷりに演じています。映画の中で、見事に戦争の歴史を書き換えてくれているのを楽しめます。

グッドウィルハンティング

 

グッドウィルハンティングは1997年にアメリカで制作公開された映画です。主演は映画をよく見ることがある人なら一度はみたことのあるマット・デイモンさんです。内容は優秀な頭脳を持ちながら少年期の大きな葛藤から素直になれない青年と、妻に先立たれて失意状態にある心理学者が徐々に打ち解けて立ち直っていくというものです。見どころは、青年がはじめはあまり信頼していなかった心理学者と徐々に打ち解け、将来を模索するように立ち直ってところでしょう。

星の王子ニューヨークへ行く

 

星の王子さまと言えば、古典的児童文学の名著でありますが、本作はそれをコメディータッチに見事に再構成してくれています。星の王子さま原作の登場人物たちのテーマを上手いこと主要登場人物に落とし込んだ手腕は流石ハリウッドです。主演のエディー・マーフィーの好演は見どころのひとつで、王子としての身分ではなく自分自身の本質的なところを評価して欲しいという葛藤を、コメディー路線でありながら時にシリアスに描ききっています。吹き替え版も、山寺宏一が絶妙にカバーしてくれているので吹き替え派にも優しい仕上がりだといえるでしょう。

ゴッドファーザー

 

ゴッドファーザーは、1972年に制作公開されたアメリカ映画です。内容はイタリア系アメリカ人のマフィアが他のマフィアたちとの抗争や日常を描いています。見どころは庶民にはよく分からないであろうマフィアの存在を抗争などを通じて描き出そうとしている点でしょう。この映画を通じて本物のマフィアとはこういうものなのかと概要を知ることが出来るのではないでしょうか。当時は興行収入記録を次々と塗り替えるほどのヒット作となったのはリアルさなのかも知れません。

7つの贈り物

 

タイトルとは、裏腹に過激なシーンからスタートします。 見どころは、主人公がここまでして相手に贈り物をすることです。 よく人は命がけという言葉を使いますが、この主人公は本当に自分の財産だけでなく肉体や命さえも贈ります。 人間は、そこまで人のためにできるのか?と疑問に感じるほどです。 しかし、ラストでは涙が溢れて抑えることができない人がたくさんいます。 生きることは、命とはどのようなことか主演の俳優が迫真の演技で迫ります。

最後の恋のはじめ方

 

「最後の恋のはじめ方」は2005年に製作されたアメリカ映画で、ウィル・スミス主演の軽快なテンポで進められるロマンティック・コメディです。 恋愛下手な人々の為に、モテる人になるためのアドバイスをするデートコンサルタントを職業とする主人公が、恋愛のプロなはずなのに、自分が恋に落ちると苦労し振り回される様がこの映画の見どころです。 美人セレブを演じる元人気モデルのアンバー・ヴァレッタの着こなすファッションも注目ポイントです。

エターナルサンシャイン

 

エターナルサンシャインは、記憶除去手術を受けたカップルを題材にした映画作品です。記憶を失ったカップルが再び惹かれあう様子を描いており、全体的にファンタジックな雰囲気が漂っています。エターナルサンシャインの見どころは、コメディアンとして知られるジム・キャリーのシリアスな演技にあります。思い出を彷徨う切ない男の役を見事に演じており、ついつい物語の中に引きこまれてしまいます。アカデミー賞の脚本賞も受賞した作品です。

ライフイズビューティフル

 

ライフイズビューティフルは1997年にイタリアで制作公開された映画です。内容は第二次世界大戦中にドイツにあったユダヤ収容所で行われていたことを、イタリア系ユダヤ人の親子の視点から描いたというものです。見どころは、戦時下で人はこのように変わってしまうのかも知れない、というリアルさを持って映像化している点でしょう。音楽も良いです。作曲賞、主演男優賞、外国語映画賞などいくつかの大型賞も受賞した作品です。

バッドボーイズ

 

この映画は二人の黒人のマイアミ市警の刑事がタッグを組んで繰り広げる非常に面白いアクションのムービーです。見どころとしましては、マイアミである夜、窃盗団がマイクとマーカスが押収した、警察署の1億ドル相当のヘロインを窃盗しました。そして内部調査班が捜査に出て、外部に漏れてしまう前の解決が至上命題となっているため、猶予は72時間。麻薬調査班の指揮を執るハワード警部が、この任務をマーカスとマイクの二人に命じて事件を解決していくのがポイントです。アクションシーンの迫力もすごいのでおすすめです。

フライト・ゲーム

 

フライト・ゲームはアル中の航空保安官が携帯に届いた謎の人物からの脅迫に立ち向かう映画ですが、見どころは意外な犯人と真相にたどり着くところです。 1億5000万ドルを指定口座に入金しないと20分おきに機内の人間を1人ずつ殺害するという強迫メールに対して、犯人の特定に奔走する姿に緊迫感が立ち込めます。 フライト・ゲームのおすすめポイントは圧巻のアクションシーンで、謎とスリルが押し寄せる中、爆発する旅客機や機内での銃撃戦が迫力満点です。

スクールオブロック

 

スクールオブロックの見どころは、友人になりすまして教師の職を得たデューイが、クラスにいる子供たちの音楽の才能を見つけてバンドを結成して練習に励み、コンテストにも参加するまでの過程です。おすすめのポイントは、デューイが偽の教師ということが発覚して学校に行けなくなり、コンテスト参加も諦めていたところに子供たちが迎えに来て参加し、激怒していた親たちが演奏を見て感動し、応援する立場に変わってアンコールを浴びるところです。

ディパーテッド

 

ディパーテッドは2006年にアメリカで制作公開された映画です。主演がディカプリオであるほかジャック・ニコルソンなどの有名どころも出演しています。内容は、アイルランド系ギャング・マフィアへ潜入した警察官と反対に警察に潜入したマフィアとの対立構造を描くというものです。見どころは、これまであった単にFBIと警察の対立という構図にとどまらずアイルランド系のアメリカ人などが抱える人種問題にまで踏み込んで描かれている点でしょう。

 

宇宙人ポール

 

宇宙人ポールは2011年に公開されたアメリカとイギリス合同制作のSFコメディーです。イギリス人のオタク2人がアメリカで行われるコミックマニアのイベントに参加し、帰り道に有名UFOスポットを訪れる途中で本物の宇宙人ポールと遭遇し、宇宙へ帰りたいというポールに協力するというあらすじです。 見どころは随所に散りばめられた小ネタで、分かる人ならくすっとしてしまうような仕掛けが全編を通して多数あります。また、コメディー映画でありながら宇宙人の造形とリアルな動きにはこだわりが見えるので必見です。

ブラックホークダウン

 

ブラックホークダウンは、1993年に行われたソマリア民兵軍の将軍と副官の拘束を目的としたモガディシュの戦闘がモデルであり、中型多目的軍用ヘリのブラックホーク2機がソマリアの首都モガディシュに墜落してしまい、デルタフォースやレンジャー連帯など160名対ソマリア民兵約2,000人の15時間にも及んだ泥沼の市街地戦を描いた映画です。この映画の見どころは、世界最強の装備と技術を持つデルタフォース達が自分達の命を守る為に死力を尽くす迫力の戦闘シーンである一方で、民族自決も念頭にあるソマリア民兵達の死力を尽くした抵抗やアメリカの傲慢さが描かれている点です。

スーパーサイズミー

 

スーパーサイズミーは、2004年に公開されたアメリカのドキュメンタリー映画です。内容はファーストフードだけで30日を過ごすことは出来るのか、食べ続けたらどうなるのかということを実際に行動に移し映像化したというものです。見どころは、おそらく本当にファーストフードだけを30日間食べ続けているところを嘘いつわりなく映像にして報告している点でしょう。現在はユーチューバーがこれをやったらどうなるかといった映像をたくさん流していますが、この作品はその先駆けといってもいいのかも知れません。

HACHI約束の犬

 

日本においては幅広い世代の人に親しまれている忠犬ハチ公の物語が、ハリウッド映画として蘇ったことでも有名なHACHI約束の犬の見どころやオススメのポイントとしては、人として独特の魅力を演じることが出来る有名ハリウッド俳優のリチャード・ギアが主演とプロデュースを行って、物語本来の犬と飼主との温かい絆を美しい世界観で映画化していることです。数々の名作を世に送り出してきた監督のラッセ・ハルストレムが行う演出が過剰な演出ではなくストーリーの純粋さを美しく表現しているヒューマンドラマになっているのです。

ソーシャル・ネットワーク

 

誰もがご存じの世界最大のSNSであるFacebook誕生の裏側を描いた点がソーシャル・ネットワーク最大の見どころです。ハーバード大学在学中にこの巨大SNSを立ち上げた主人公が巨万の富を築くまでの出来事を詳細に描いています。またこの映画の見どころの一つとして監督やキャストもその一つです。デヴィッド・フィンチャー監督、主演ジェシー・アイゼンバーグ、若手のホープナンバー1アンドリュー・ガーフィールドが主要キャストを務めています。社会現象となったFacebookがどのように成長していったのか見どころ満載の映画です。

プレステージ

 

プレステージは、2006年にアメリカで制作公開された映画です。監督は「インセプション」「インターステラー」などでも有名なクリストファー・ノーランさんです。内容は元々は普通の仲であった2人のマジシャンが舞台の事故をきっかけとして敵対関係となり、一流として名声を得た後も抗争を続けていくといったものです。見どころは、マジシャンがどのようにマジックを構成していくのかといった事を描いているだけでなく、どんでん返しも練られている点でしょう。

グラディエーター

 

グラディエーターの見どころは剣闘士の戦いの迫力と筋肉美です。そして闘技場との組み合わせがこの映画の最高のおすすめポイントです。剣闘というある種の舞台が出来たのがこの時代で、まさにこの時代の知識と技術が融合したのがこのグラディエーターでは描かれています。そのため迫力ある戦闘シーンが生き生きと描かれているので魅入ることこと間違いありません。その迫力を存分に味わうには歴史の勉強もしていくとさらに面白いかもしれません。

ユージュアル・サスペクツ

 

ユージュアル・サスぺクツは1995年にアメリカで制作公開された映画です。内容は5人の悪党が行った犯罪計画を巧妙で精緻なストーリー展開をもってその顛末を描くというものです。見どころは実在しないとも言われている伝説のギャングである「カイザー・ソゼ」の存在など、最後まで息をつかせないストーリーでしょう。よくよく注意してみていないと話がどのように進んでいるのか分からなくなっていきます。最後の見事などんでん返しも見どころの一つです。

マネーボール

 

主役は高校生の頃は将来が期待される選手だったものの、プロでは大成する事なく弱小球団アスレチックスのゼネラルマネージャーです。見どころは人とは違う視点でのデータ分析を行っていた人物を採用し、その視点に沿った選手の評価方法に変更する点です。それは他球団が見向きもしなかったため年俸の安い選手を獲得する事ができ、常勝チームを作る事に成功。お金を出す事ができない弱小球団を強くしていく姿には共感する点も多く、独特の視点によるデータ分析は現代野球にも通じる部分が多く、過去の出来事ながら非常に参考になる作品です。

タンタンの冒険

 

タンタンの冒険の見どころは、物語が非常によくできているところです。 アニメーションで幕を開けるのですが、原作漫画の事を全く知らなくても思わずファンになってしまうくらいです。 とにかくテンポの良い映画で、間断なく話が進むところが秀逸で中だるみがありません。 程よくファンタジーで映像がとても綺麗でキャラクターが明るいので、新鮮な気持ちで楽しめます。 タンタンの冒険のおすすめポイントは、アニメなので現実離れしたシーンがありますが、スピード感のある冒険物語で妙にリアル感があるところですね。

地球、最後の男

 

「地球、最後の男」は、ガンナー・ライト主演のSF映画です。宇宙ステーションで任務を遂行していた兵士のリー・ミラーは、地上との通信が途絶えてしまいます。その後も宇宙ステーションに留まり続けたリー・ミラーは、日誌を見つけそれを記した兵士の記憶とやがて融合していくようになります。「地球、最後の男」の見どころは、スタンリー・キューブリック監督の名作「2001年宇宙の旅」のオマージュに満ちた作品になっているところで、SFファンの心を掴んで離しません。

A.I.

 

A.I.の映画の見どころは人のように知能を獲得して、人類に敵対するようになるところです。実際に起こるかもしれないというドキドキ感がこれで高まることでしょう。既に今でも危惧されていることが映画の中では実際に起きるわけで、これにどう対処していくのかというところも見どころです。この映画が作成された時はまだ今ほど人工知能が進んでいないときでしたが、既にこのような時からこうした先見の明をもって作られていた映画に驚くことでしょう。

マジック・マイク

 

マジック・マイクは男性ストリッパーの世界を描いた映画なので、見どころはとてもセクシーなところです。 出てくる女性が地味な感じでそれが引き立て役になっている感じです。 主演のチャニング・テイタムの実体験が基になっているので、これまで彼が苦労してきたことがよくわかります。 マジック・マイクのおすすめポイントは、男性陣が豪華なところでそれだけで満足できますよ。 マイク役のチャニング・テイタムやアダム役のアレックス・ペティファーなど、イケメン陣の筋肉美が見どころの女性必見の映画です。

ヒューゴの不思議な発明

 

「ヒューゴの不思議な発明」は、2011年に劇場公開されたアメリカの映画です。監督はマーティン・スコセッシ。世界各国でベストセラーとなった小説ブライアン・セルズニックの「ユゴーの不思議な発明」を原作としており、父が遺した機械人形に隠された秘密を解き明かす少年の冒険を描くファンタジー作品です。世界的巨匠として知られるスコセッシ監督と、本格3Dの技術がうまく融合された点がこの映画の見どころのひとつで、第84回アカデミー賞ではこの年最多の11部門にノミネートされました。

英国王のスピーチ

 

この作品の見どころは、ジョージ6世となるアルバートと言語療法士であるライオネルのやり取りにあります。 通常であれば知り合うことのない王族と平民が、アルバートの吃音症という障害によって知り合い、その治療の過程で友情を育んでいくというのがグッときます。 二人のやり取りにおける間や、王族の立場ではなく素で話す雰囲気なども感じられるはずです。 そして、この治療を静かに見守り続ける妻のエリザベス王妃の存在も大きく、見終わった後にはゆっくりと心に染み入る温かみのある映画となっています。

 

マイノリティリポート

 

マイノリティリポートはアメリカで制作公開された映画です。監督はスピルバーグさんで主演はトム・クルーズさんがつとめています。内容は2054年が舞台で3人の予知能力者たちが犯罪予防当局に協力して未然に犯罪を防ぐといったものです。見どころは、近未来であらゆる行動が予知可能となった場合にはどのようになるのかをCG技術を駆使して描いている点でしょう。この作品は2015年にドラマとして続編が作られていますので、この映画を見て興味を持った方はそちらも鑑賞されては如何でしょうか。

フライト

 

2012年にアメリカで公開され、今でも多くの人々に見続けられている「フライト」。 「バック・トゥー・ザ・フーチャー」や「フォレスト・ガンプ/一期一会」など多くの人気作品を生み出しているロバート・ゼメキス監督による作品です。 見どころは、制御不能になった飛行機を奇跡的に着陸させ、英雄となったパイロットが、実はアルコール依存症、コカインの常習者であったことが明らかになり、英雄として注目されたのが一転、過失致死罪ではと疑われ始めた。パイロットは英雄なのかそれとも犯罪者なのか、最後の結末に注目です。

バベル

 

バベルは時間軸が交差している群像劇で、モロッコでテロリストとして追われる兄弟や東京で暮らす聾者の女子高生、アメリカで働く外国人の不法就労者などが登場し、ある事件をきっかけにそれぞれのストーリーが繋がっていきます。バベルの見どころは、聾唖の女子高生を演じた女優の菊地凛子の演技にあります。彼女の演技は国内外で高く評価されており、孤独と葛藤の中に生きる女子高生を見事に演じ切っています。ケイト・ブランシェットが「息が出来なくなるくらい哀切極まりなかった」と表現したほどです。

パッセンジャーズ

 

パッセンジャーズは2008年にアメリカで制作公開された映画です。主演はアン・ハサウェイさんです。内容はセラピストのクレアが航空事故の生存者のグループカウンセリング中に体験した奇妙な出来事から徐々に航空会社に疑惑を抱くようになっていき真実を追究しようとするというものです。見どころは、アン・ハサウェイの相変わらずの美しさもさることながら、謎に満ちたストーリー展開に予想を裏切り驚かされる最後の結末でしょう。

i-mobile(SP/PC)

-映画

Copyright© 新参者movie , 2019 All Rights Reserved.