ドラマ・映画・アニメの見逃し無料動画配信情報!

新参者movie

2019春ドラマ パーフェクトワールド

【2019春 】4月放送ドラマ『パーフェクトワールド』あらすじ、主題歌、出演者(キャスト)まとめ

更新日:

この記事では2019年4月スタート、毎週火曜夜21時放送開始のカンテレ・フジテレビ系連続ドラマ『パーフェクトワールド』のあらすじ・出演者(キャスト)についての情報をまとめています。

■パーフェクトワールドSNS情報(公表され次第、随時更新します)

【公式サイト】「パーフェクトワールド」

【公式twitter】「パーフェクトワールド」

【公式サイトInstagram】「パーフェクトワールド」

出演者以外のドラマに関する詳しい情報はコチラ↓
【見逃し無料動画まとめ】ドラマ『パーフェクトワールド』(随時更新中です)



『パーフェクトワールド』イントロダクション

原作は女性コミック誌『Kiss』(講談社)で連載中の有賀リエ氏による人気コミック。累計部数は170万部を突破した。昨年には・EXILE/三代目 J SOUL BROTHERSの岩田剛典と、女優の杉咲花のW主演で実写映画化された。物語は事故で脊髄を損傷し、車いすに乗っている建築士・樹が生涯一人で生きていくと決めていたなかで、ある日高校の同級生・川奈つぐみ(山本)と再会。心通わせ合うことで変化が訪れていくラブストーリー。

原作

原作者:有賀チエ 『パーフェクトワールド』(講談社「Kiss」連載)

東京のインテリアデザイン会社に勤める川奈つぐみは、設計事務所との飲み会で、高校の同期生・鮎川樹と再会する。樹は大学生のとき事故に遭い、以来、車椅子生活を送っていた。つぐみはそのことに戸惑いつつ樹を気にかけるようになるが、そんな折、樹が褥瘡のため入院したと聞かされる。病床でコンペティション用の作業を進める樹を見たつぐみは彼の作業を手伝う。この一件を経て樹への恋心を自覚したつぐみは樹に告白し、樹も彼女の想いを受け入れる。

交際を始めた2人は、地元である長野県松本市に帰省する。つぐみは樹との交際を家族に報告するが、父親から難色を示される。また、つぐみと樹は、同じく松本に帰省していた高校の同期生・是枝洋貴と顔を合わせる。是枝は高校時代、つぐみに好意を抱いており、再会を機につぐみにアプローチするようになる。

東京に戻ったつぐみは、樹の介護ヘルパー・長沢と出会う。長沢は樹に好意を寄せており、彼女の存在に不安を抱いたつぐみは樹と会う回数を増やすが、無理がたたり、駅のホームから転落する。樹は、自分がつぐみを不幸にしていると考え、つぐみに別れ話を切り出す。そして、樹と別れたつぐみのもとに、今度は父親がガンを患ったという連絡が入る。つぐみは退職して松本に帰ることを決意する。つぐみの決意を知った是枝は彼女に告白し、2人は交際を始める。

松本に戻ったつぐみは介護の講習会に参加し、そこで高木圭吾という男性と知り合う。彼は車椅子の女性・西村楓と交際しており、彼女と暮らす家を建てるため、樹に設計を依頼していた。つぐみは圭吾から、彼らの家のインテリアデザインを担当するよう頼まれ、樹と仕事を共にすることになる。しかし、上棟式の日、松本で大きな地震が発生する。樹の身を案じたつぐみは圭吾と共に樹の家へ向かい、家に閉じ込められていた樹を救出する。

地震が落ち着いた後、つぐみは、東京で知り合った高校生・舞花に呼ばれて東京を訪れる。舞花は幼馴染の晴人と交際していたが、その後、別れていた。しかし、舞花と晴人はそのことに後悔はないと言い切り、その姿を見たつぐみは樹の住まいを訪れ、樹に「後悔がある」と告げる。

■原作者・有賀リエ氏コメント
「松坂桃李さんは、新しい作品を見るたびに『すごい役者さんだなあ…』と思ってしまう、いつも次の作品を楽しみにしている役者さんでした。そんな松坂さんが樹役と聞いた時は、嘘じゃないだろうかと信じられなかったです。きっと樹の内面はもちろん、脊髄損傷の細かい仕草も丁寧に表現してくださるだろうと、安心感と期待でいっぱいになりました。

山本美月さんは、その可愛さはもちろん演技が前から大好きで、特に涙を流す時の表情が頭に残って離れない女優さんでした。山本さんに決まった時は本当に嬉しかったです。笑顔や涙の仕草が、つぐみのイメージにぴったりと重なっていくのを感じました。

プロデューサーの河西さんは原作側に何度もご説明にきてくださり、丁寧に企画を進めてくださいました。私もドラマのスタートを楽しみにしています!」

『出典:Wikipedia「パーフェクトワールド」より』

『パーフェクトワールド』出演者(キャスト)

松坂 桃李... 鮎川樹役

松坂桃李(まつざか とおり..、1988年10月17日生まれ。トップコート所属。

松坂演じる樹はスポーツ万能で好青年、高校時代はバスケットボール部のエースであったが、大学3年の時に事故に遭遇。脊髄損傷で下半身が不随になったショックは大きく、高校時代からの夢であった建築士になることもあきらめかけていたが、さまざまな支えを受け、苦難を乗り越えた結果、建築士となった。現在はバリアフリー住宅の設計など活躍しているが、本心では恋もバスケも、もうしないと心に決めている役どころ。

松坂は「原作のモチーフにもなっている車椅子に乗った建築士・阿部さんとお会いして、どのように生活されているのか、仕事をされているのかをご自宅と仕事場にお邪魔し、拝見させていただきました」と役作りにも励み、「どの所作が難しいことなのかもわからないくらい自然にされていたので、後からそうだよな、とハッとさせられました。自然に見せるためには相当練習が必要ですし、とにかく頑張るしかないという気持ちが今は大きいです」と改めて奮起した。

主な出演作品

■テレビドラマ
『侍戦隊シンケンジャー』
『梅ちゃん先生』
『軍師官兵衛』
『サイレーン 刑事×彼女×完全悪女』
『ゆとりですがなにか』
『わろてんか』
『この世界の片隅に』

■映画
『僕たちは世界を変えることができない。』
『アントキノイノチ』
『ツナグ』
『今日、恋をはじめます』
『日本のいちばん長い日』
『キセキ -あの日のソビト-』
『彼女がその名を知らない鳥たち』
『不能犯』
『娼年』

■舞台
『銀河英雄伝説』
『ヘンリー四世』
『娼年』

【関連リンク】

山本美月...川奈つぐみ 役

山本 美月(やまもと みづき)...1991年7月18日生まれ。モデル事務所のインセントに所属。

山本は「恋愛ドラマに参加をすることがあっても、恋愛の部分に大きく関わる経験が少なかったので、とても楽しみです」と期待。「また、私はこの漫画を読んで、障がいを抱えている方の気持ちを全然理解出来ていなかったことに気付かされました。身体障がい者用の車の存在だったり、スポーツ、視線の低さ、ほんの少しの段差が車いすの方にとって、大きなハードルになってしまうことだったり。きっとまだまだ知らないことはあるとは思いますが、このドラマを見ることで、身体に障がいを抱えている方々の気持ちを理解してもらえたらと思います。そして、どんな人でも同じように暮らせる世界になったらと思う方が少しでも増えたらと思います」と願いを込めた。

出演作品

テレビドラマ
『桐島、部活やめるってよ』
『貞子vs伽椰子』
『少女』
『ピーチガール』

■ドラマ
『アオイホノオ』
『嘘の戦争』
『刑事ゆがみ』
『モンテ・クリスト伯 -華麗なる復讐-』

関連サイト

https://twitter.com/___lk215___/status/1090469246633619459

人物相関図

相関図は公表され次第、追記します。

スタッフ

原作 - 有賀チエ 『パーフェクトワールド』(講談社「Kiss」連載)
脚本 - 中谷まゆみ
音楽 - 菅野祐悟
プロデューサー - 河西秀幸(カンテレ)
演出 - 三宅喜重、白木啓一郎
制作著作 - カンテレ

主題歌

公表され次第、更新します。

■関連ページ

【2019春ドラマ一覧】4月スタート作品まとめ(公式サイト・SNS情報あり)

i-mobile(SP/PC)

-2019春ドラマ, パーフェクトワールド

Copyright© 新参者movie , 2019 All Rights Reserved.